マリア幼愛園の暴言の保育士名前?録音データ公開は?城明子園長画像

こんにちは、耳寄りねこ情報クラブです。

サイトをご覧いただき有難うございます!

 

 

さて熊本市中央区の認可保育所「マリア幼愛園」で、

一部の保育士が、複数の園児に暴言や長時間の叱責(しっせき)などを繰り返していたことが判明した報道があります。

 

 

城明子園長や暴言を浴びせた保育士なのか名前
等もリサーチしてみたいと思います。




マリア幼愛園での暴言報道とは?

 

熊本市中央区の認可保育所「マリア幼愛園」で、

 

一部の保育士が、複数の園児に暴言や長時間の叱責(しっせき)などを繰り返しており、

 

保護者が子供に録音機を忍ばせたこてで、暴言・叱責が発覚したそうです。

 

 

朝日新聞の市と園への取材によると、暴言や叱責、不適切な指導などは、

 

約4年前から続いていたそうで、

 

「市は児童福祉法に基づく改善勧告なども検討」

 

と報道されています。

 

 

 

市保育幼稚園課と園によると、

3歳以上の園児を担当する30~40代の女性保育士3人が、

忘れ物をしたり、歌を覚えられなかったりした子どもを、空き部屋に連れて行って長時間しかるなどしてきた。

市は昨年7月に保護者から苦情を受け、園を運営する社会福祉法人「聖マリア会」(熊本市東区)や園長らから4、5回にわたり事情を聴き、

保育士による園児への行きすぎた叱責を確認、口頭で指導した。

だが昨年末、子どもの様子に異変を感じた保護者が

子どもの服に録音機を忍ばせて確認すると、

泣きじゃくる幼児に「うるさい」「早く寝なさい」などと

激しい口調で少なくとも20分以上責め続ける女性の声と

「ドン」という大きな音が複数回録音されていた。

保護者は今年1月、この音声データを市と園に提出し、関係者の処分と保育の改善を要求。

園は2月下旬に保護者会を開き、音声が保育士のもので、大きな音については園児を「押している音」と説明した。

 

園は保育士への聞き取り調査の結果も公表した。それによると、

特定の園児に給食の皿を投げて渡す

いすから引きずり下ろす

イライラして子どもにあたる

「何回も聞かんで!」「さわらんで!」と強く言う

怒られた子を外に連れ出す。謝ろうとしても寄せ付けず、閉め出す

 

といった、約30項目の不適切な行為を確認した。

引用:朝日新聞

 

30もの項目が確認されるというのは結構な数に上りますね。

 




保育士とは誰なのか?

3歳以上の園児を担当する30~40代の女性保育士3人
が暴言を浴びせたということです。

現在公開されているネット情報では、

 

まだ名前は公開されていないようです。

 

卒園式の様子はマリア幼愛園のホームページにありましたので、

 

このどれかの保育士かと思われます。

 




聖マリア幼愛園会所在地

 

社会福祉法人「聖マリア会」は熊本市東区にあります。

 

 

引用:yahooニュース

録音データは聞けるのか

 

今回の暴言・叱責の発覚は、保護者が子供に録音機を忍ばせての発覚です。

NNNニュースにて取り上げられて音声が公開されていました。

 

 

 

 

マリア幼愛園での教育は?

 

マリア幼愛園では、

モンテッソーリ教育を掲げています。

 

モンテッソーリ教育とは・・・・?

 

 

モンテッソーリ教育は、医師であり教育家であったマリア・モンテッソーリ博士が考案した教育法です。
「子どもには、自分を育てる力が備わっている」という「自己教育力」の存在がモンテッソーリ教育の前提となっています。歩くことを教えなくても、歩こうとしたり、積極的に環境に関わりながら様々な事柄を吸収していったりする姿は、子ども自身が自立に向かって、成長・発達していこうとする姿のあらわれといえます。この内在する力が存分に発揮できる環境と、自由が保障された中で、子どもは自発的に活動を繰り返しながら成長していきます。

モンテッソーリ教育の目的は、「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる」ことです。その目的を達成するために、モンテッソーリは子どもを科学的に観察し、そこからえた事実に基づいて独特の体系を持つ教具を開発するなどして教育法を確立していきました。その教育法の確かさは、現代の大脳生理学、心理学、教育学などの面からも証明されています。

100年以上経った今でも時代や文化の違いを超えて世界中で支持され、現在世界140以上の国にモンテッソーリ実践園が存在しているといわれています。そしてその実践の中から世界をリードする人々が数多く育ってきています。

引用:モンテッソーリ教育綜合研究所

 世間の声

 

 

最後に

モンテッソーリが理想とする教育に期待して子供を幼稚園に入れたのに、

モンテッソーリ教育を看板にデーンと構える幼稚園がこのような実態だとは・・・・。

 

報道は少し過熱気味なところももしかしたらあるかもしれませんが、

子供の様子がおかしいのはやはり、大人の責任なのです。

 

本来のモンテッソーリ教育の掲げる理想が全うできるように園を運営してほしいものですね。

 

続報が有り次第更新したいと思います。

最後までお読みいただき有難うございました!