宮川紗江 性格悪そうの噂はホントなのか?!パワハラ報道の最新情報まとめ

こんにちは、耳寄りねこ情報クラブです。

サイトをご覧いただき有難うございます!

 

 

 

 

さて、今話題になっている体操のリオ五輪女子代表・宮川紗江選手(18)選手の報道。

なぜこんなに騒がれているのかというと、

 

 

 

宮川紗江選手が、

 

 

日本体操協会塚原千恵子・強化本部長(71)と夫で協会の塚原光男副会長(70)からパワーハラスメントを受けたと訴えました

 

塚原夫妻が2018年8月31日に文書で反論する

2018年、協会の第3者委員会が

 

「塚原千恵子女子強化本部長と夫・光男副会長のパワハラ行為は認定できない」と結論。

 

 

日本体操協会は、宮川選手に反省文の提出を求めることを決定。

と、パワハラが認められないまま、

 

事態は収拾がつかなくなっているというもの。

 

今回は、

リサーチしてみたところ浮上してきた、

宮原選手の性格悪い? との噂・・・・

本当にそうなのか!?リサーチをまとめてみます。




宮原紗江とは?

 

 

名前:宮川紗江(みやがわさえ)

生年月日:1999年9月10日

出身:東京都西東京市

身長:141cm

体重:34kg

所属:セインツ体操クラブ

 

引用:wikipedia

 

 

 

今報道されているパワハラ問題は、コーチが暴力を受けている事に対しての、協会からの圧力。

 

 

 

会見で宮原紗江選手が言った言葉は、

 

●コーチの市道には厳しさの中に何倍もの楽しさう合う朝しさが有った

 

●コーチの処分は重過ぎる、自分も家族もパワハラだと思っていない

 

●コーチと出直すつもりで再スタートしたい

 

●暴力の券を利用して私とコーチを引き離そうとしている

 

●暴力を受け経ちえるのは自分が気を抜いてしまい大けがに翁長るような場面で厳しく指導されただけ

 

●コーチの厳しい指導で身体を痛めたことはない

 

●コーチもぼうりょくといわれてしまうような厳しい指導をしたことをとても反省している

 

 

とのことで、

 

全面的にコーチを擁護している形となっています。

宮原紗江性格は?

 

今までの情報をまとめてみると、

 

自分が指導を受けている速水コーチとの信頼関係が厚いことが、伺えますよね!

 

しかし訴えている事と言動に洗脳が感じられる節?があることから、

 

様々な報道をされてしまっているのが、

 

「性格悪い」と噂されてしまっている事の原因のようです。

 

本当は別にそんな性格悪くなく、

スポーツ業界の政治の被害者になっているだけかもしれません。

 

 

パワハラ行為を全面的に否定した。宮川からパワハラをしたと告発された塚原本部長が、潔白を訴えた。

「宮川選手の主張には嘘もある。高圧的な話し方はしていない」

2020年東京五輪特別強化選手に入らなければ「五輪に出られなくなる」と、脅しともとれる言葉を宮川にかけたとされることも否定。成績が振るわなかった際に「このままでは五輪にいけない」と奮起を促す意味で話したとし、「言葉が切り取られている」と訴えた。

自らが指導する朝日生命クラブへの勧誘も否定。宮川に対する暴力指導が発覚した速見佑斗コーチ(34)を調査するため、7月の味の素ナショナルトレーニングセンターでの代表合宿から同コーチを外した際に「練習場に困るから(他に指導者がいる朝日生命も)使ってもいいと私の付き人から言った。親切心で勧誘するつもりはない」と話した。

引用:サンケイスポーツ

 

 

 

 

 

 







世間の反応は

最後に

問題が問題なだけに性格が悪いと噂になっていますが、

宮原選手は、自分がお世話になったコーチのことを、淡々と述べていると感じました。

そして、暴力と見えるものを認めたけれども、それは指導の中で自分の競技にたいする指導であり、受け入れている、

擁護する姿勢。

性格悪いの噂は噂だけなのかもしれません。

最後までお読みいただき有難うございました!