花柳幻舟の死因や本名や若い頃の事件とは!?

安中・碓氷峠の「めがね橋」の下で創作舞踊家の花柳幻舟さんが倒れているのが見つかり、死亡が確認されました。1990年には東京での天皇即位礼祝賀パレードに向けて、爆竹を投げつけ、有罪判決を受けています。

こんにちは、耳寄りねこ情報クラブです。

サイトをご覧いただき有難うございます!

さてさて、花柳幻舟(はなやぎげんしゅう)さんの訃報
の報道がありましたね。

今回は、花柳幻舟死因

本名、そして、若い頃に起こしている事件

についてのリサーチをまとめてみます。




花柳幻舟の死因は?

群馬県安中市にある国指定重要文化財「碓氷(うすい)第三橋梁(きょうりょう、通称・めがね橋)」下の歩道で2月28日午後5時ごろ、人が倒れていると観光客から110番通報があった。倒れていたのは住所不詳、創作舞踊家花柳幻舟(はなやぎげんしゅう)さん(本名・川井洋子さん、77)で、全身を強く打っており、搬送先の病院で死亡が確認された。

安中署の調べでは、身につけていたポシェットの中のデジタルカメラに橋の上から直下を撮った写真が残っていたほか、橋の上に花柳さんのものとみられる傘があった。現場に争った形跡はなく、何らかの原因で橋から約23メートル下の歩道に転落したとみている。

花柳さんは「打倒家元制度」を掲げて活動し、1980年に日本舞踊の花柳流宗家家元への傷害事件を起こした。90年11月には、東京であった天皇即位礼の祝賀パレードに向けて爆竹を投げつけたとして罰金4万円の有罪判決を受けた。

市によると、橋は1892(明治25)年に完成した旧信越線のれんがアーチ橋。廃線跡を利用した遊歩道が整備され、橋上も歩くことができる。橋には高さ110センチの転落防止用のガードパイプがある。引用:朝日新聞

ということで、

死因は転落死という事になるのでしょうかね。

死因は、3月2日、司法解剖の結果、

外傷性ショックという事が判明しています。

デジタルカメラがそばに落ちていたという事で、身を乗り出して、

何かをカメラに収めようとしていたのかもしれません。

こんな高い橋から転落したら助かりようがないですね。

自殺の可能性はあるのでしょうか。




花柳幻舟のプロフィール

名前:花柳 幻舟(はなやぎ げんしゅう)

職業: 舞踊家、作家、フェミニスト

生年月日:非公表

出生地:大阪府

最終学歴: 放送大学

大学卒業後は、

建設省で勤務。昼は建設省、

 

夜はパチンコ店、電話交換、飲み屋、キャバレー歌手、ホステス、

 

 

土日は子守、モデル、犬の散歩など、仕事は多岐
にわたりました。

 

 

 

18歳の時に建設省の事務所でアルバイトをしていた男性に

 

 

プロポーズをされて結婚しますが、後に離婚。

 

 

その間、夫から自立するために、日本舞踏花柳流に入門しています。

 

 

1973年には、創作舞踊「残・情死考」を東京にて発表。

 

 

また、1975年には、カナダのクロード・ガニオン監督による

 

映画「KOTO(コト)」に出演も果たしています。

 

 

1980年には傷害事件を起こし、服役。

 

 

1984年には自らの獄中体験を元にしたドラマ『花柳幻舟獄中記』に主演、高視聴率を得ています。

 

 

1983年、山形県に『花柳幻舟人民劇場』を設立。1994年まで毎年公演を行っていました。

以後

 

 

テレビ出演やドキュメンタリー映画などにも出演。現在は、作家としての執筆活動の傍ら、様々な場所で講演会を行っていました。


花柳幻舟の若い頃の事件とは!?

花柳幻舟さんは、過去に2度も人々のきおっくに残る過激な事件を起こしています。

最初の事件は、1980年2月。

 

東京・国立劇場の楽屋廊下にて、花柳流宗家家元三世花柳寿輔の首に「思い知りなさい!」と言って包丁で斬りつけ、全治2週間のけがを負わせました。

花柳幻舟の本名は?

花柳幻舟さんというお名前は、

 

花柳流の名取としての芸名のようですね。

 

 

幻舟さんの本名は何と言うのでしょうか?

調べてみると、幻舟さんの本名は、

 

 

『川井洋子』さんというようです。

 

 

花柳幻舟の若い頃画像

世間の反応は

最後に

激動の時代、

 

過激な人生を送った方だったようですね。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

最後までお読みいただき有難うございました!