萩原健一死因のGIST(消化管間質腫瘍)とは?4度の逮捕歴 結婚歴と若い頃画像など波乱万丈人生とは?

こんにちは、耳寄りねこ情報クラブです。

サイトをご覧いただき有難うございます!

さて, 28日、ショーケンこと俳優の萩原健一=本名・萩原敬三=さんが26日午前10時30分、都内の病院で亡くなっていたことがわかり、話題になっています。
その萩原健一さんの死因は、GIST(消化管間質腫瘍)。がんとは違い、その病名を本人の希望で、報道には出さないようにしていたそうですが、どんな病だったのでしょうか。
また、波乱万丈の人生といわれる、4度の逮捕歴 結婚歴若い頃画像についても見てみたいと思います。




報道の内容は

 

 

俳優・萩原健一=本名・萩原敬三=さんが

26日午前10時30分、都内の病院で亡くなっていたことが28日、分かった。

68歳。

所属事務所が書面で発表した。

病名はGIST(消化管間質腫瘍)。

2011年からひそかに闘病していたが、本人の強い要望で病名の公表を控えていた。

妻でモデルのリカ=本名・理加=さん(57)が最期を看取ったという。

葬儀は家族のみで営まれ、都内の斎場で27日に荼毘(だび)に付された。

波乱万丈の人生?

 

2010年5月撮影の写真 引用:yahoo newsより

 

萩原さんは1967年、「ザ・テンプターズ」のボーカリストとして、16歳でデビュー。ドラマ「傷だらけの天使」など俳優として圧倒的カリスマ性を発揮。“永遠の不良”と呼ばれた。嵐のように生きた生涯に幕が下ろされた。

4度の逮捕、4度の結婚…。

自身でも「嵐のように激しく生きてきた」と振り返っていたように、波乱に満ちた人生だった。

83年には大麻取締法違反(所持)で逮捕。84年に飲酒運転で人身事故を起こし、逮捕。2004年10月にも人身事故を起こして逮捕され、謹慎した。

05年には降板した主演映画の出演料をめぐるトラブルにより、恐喝未遂容疑で逮捕

映画「透光の樹」の主役を途中降板しながら、同映画のプロデューサーに対し、

山口組など暴力団の実名を出し、「契約書通り払ってください」などと脅迫したというもので、同年6月に懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。

その後は活動を休止。08年から活動を再開したが、緩やかな仕事ぶりとなった。

私生活では80年に女優・いしだあゆみ(71)と再婚、84年に離婚した。
2011年2月、モデルの冨田リカと4度目の結婚

この結婚後は、物腰も柔らかくなり、あちこちで「ショーケンが丸くなった」と言われるように。周囲の人がうらやむほどのアツアツぶりをメディアの前でも披露していた。

引用:yahooheadlineニュース

 

4度のれっきとした逮捕歴がありますが、

10以上の浮名があると…女性にはモテモテだった萩原さんですが、

晩年に苦しんだ病はどんな症状だったのでしょうか?

 




GIST(消化管間質腫瘍)とは?

 

GIST(消化管間質腫瘍)という病名は初めて耳にするという人ももしかしたら多いのではないでしょうか。

 

GIST(ジスト:Gastrointestinal Stromal Tumor)とは、

 

 

胃や腸の消化管壁の粘膜下にある未熟な間葉系細胞に由来する「肉腫」の一種とされ、いわゆる「がん」とは異なります。

消化管粘膜下にできる腫瘍はGISTだけとは限らず、良性の平滑筋腫、神経鞘腫や悪性の平滑筋肉腫などもあります。

GISTの発症率は年間に10万人に対して1人から2人くらいとされ、まれな腫瘍です。

発症には男女差がなく、胃に最も多く見られ、序で小腸、その他の消化管になります。

殆どの年齢層に見られますが、中高年に好発(60歳代でピーク)します。

引用:気性がんセンター

 

 

GISTで出てくる症状は?

 

萩原さんはどのような症状だったのでしょうか?

吐き気や腹痛、下血・吐血やそれに伴う貧血などが起こることがあります。

他の病気でもあらわれる症状ばかりで、GIST特有の自覚できる症状は特にありません。

腫瘍が大きくなってからでないと症状が出ないため、発見が遅れることがしばしばみられます。

引用:気性がんセンター

 

治療について

 

 

GISTあるいはGISTが強く疑われる腫瘍に対しては原則的に手術治療を行います。

組織採取が難しい小さい腫瘍、無症状の場合は経過観察の方針となることもありますが、GISTと診断された場合は、現在の日本のガイドラインでは腫瘍の大きさなどに関わらず、手術による治療が勧められています。GISTが見つかった時点で主病巣以外の場所にも転移を起こしているような場合は、内科的治療(化学療法)の適応となります。化学療法の効果、経過によっては、改めて外科的切除を考慮することもあります。

 

60代で最も発症率が高い病気ということで、68歳で亡くなった萩原さんも60代に入ってから病気を発症したのではないかと言われています。手術は行われていたのか、いつしたのか、病院などについて、本人の希望で明かされていなかったため不明な点が多いですが、

吐病気の症状から、吐き気や貧血の症状に悩まされていたのでしょうね。

しかし息を引き取るときの様子は比較的穏やかだったようです。


 


萩原健一若い頃の画像!

こちらは50代の萩原さんですがこの下は、

20代~30代の萩原さんです。若い頃と比べると、晩年の顔つきはとても丸くて穏やかですよね!

 

 

世間の反応は

 

 

 

最後に

ロック歌手だった内田裕也さんに続き、またも著名人の訃報。

平成時代の終わりには、物々しいニュースも有ったり、人の一生の終わりもそういった区切りと運気と何か関係しているのかも?!

ご活躍された萩原さんご冥福をお祈りいたします。

最後までお読みいただき有難うございました!