キーン誠己は誰?ドナルドキーンは養子縁組をしてた!?

こんにちは、耳寄りねこ情報クラブです。

サイトをご覧いただき有難うございます!

さて、日本文学を研究していたアメリカのドナルド・キーン氏が死去との報道がありましたね。

文化勲章を受章した日本文学の研究者で、

東日本大震災をきっかけに日本国籍を取得、

ノーベル文学賞の選考を行うスウェーデン・アカデミーに対して日本文学についての

助言を行ったことでも知られており、

その死を大きく報道されています。

今回、葬式の喪主は養子縁組されたキーン誠己

ということで、その親子関係はどこで育まれたのでしょうか?

キーン誠己氏について、経歴やドナルド・キーン氏との関係についてのリサーチをまとめてみたいと思います。




キーン誠己氏経歴は?

 

引用:tokyo-np.co.jp

プロフィール:

名前:キーン誠己(きーん・せいき)
芸名:五代目 鶴澤 浅造(ごだいめ つるざわ あさぞう 1950年-)→
越後 角太夫(えちご かくたゆう)本名:キーン 誠己(きーん せいき)。
旧姓:上原(うえはら)
生年月日:1950年
出身:新潟県
職業:三味線奏者

三味線奏者として出演の際の動画はコチラです。

 

 

略歴:

大学在学中に文楽と巡り合い、筋書きの面白さと迫力に引き込まれ、すぐ弟子入り。

72年から97年まで、人形浄瑠璃文楽座で三味線奏者として活躍

越後猿八座を旗揚げし、「弘知法印御伝記」を復活公演。

97年には持病が悪化し、新潟市の実家の作り酒屋を手伝う。兄が経営を受け継いだので、総務や経理を担当。

当時は、もう芸事とは一切縁を切るぐらいの覚悟で故郷に戻ったそう。

2012年、ドナルド・キーン氏の養子になったとのことですが、

どうして養子縁組をしたのでしょうか?

調べてみると、

「父は米国に住んでいたのですが、11年の東日本大震災後に日本永住を決め、12年3月初めに日本国籍を取得しました。その月の下旬に私と養子縁組をしました。どうしてとよく聞かれましたが、実は浄瑠璃が結ぶ縁でした

 

と、
浄瑠璃が結びつけたご縁だったようです。

縁組という親戚関係に当たる深い中にに至るまでは、やはりふたりの日本芸能への愛の深さだったようです。

そして、ドナルド・キーン氏との出会いについてはこう語っています。

「2006年11月です。キーン先生の対談が東京であると聞き、

アポイント無しで楽屋を訪ねました。私からすれば、古典芸能に詳しい大先生。しかも全くの初対面です。

無謀にも指導をお願いすると、大英博物館に越後国柏崎を舞台にした古浄瑠璃の床本が残っていることを教えてもらいました。

早速、新潟の仲間と浄瑠璃の一座を旗揚げし、09年に300年ぶりの復活公演を果たしました。

ここから交流が深まりました

――新しい親子関係は。

養子縁組の前から、身の回りの世話や秘書業務をしていたので、

違和感はありません。毎日3度の食事を私が作り、

夕方には一緒に買い物に出かけます。

地元の商店街では人気者で、父もお店の人との会話を楽しんでいます。

独身を通してきたせいか意外に寂しがり屋で、ずっと家庭的な生活に憧れていたようです」

「6月にロンドンでの公演を控えているので、

今は自宅で稽古をしてますが、父に聞くとさすがに博識で何でも教えてくれます。

私にとってはいまだに大先生です。血縁関係はなくても、それ以上の存在です」

 

引用:産経新聞

と、最終的には、弟子関係からの発展のようですね。




ドナルド・キーン氏の訃報コメント

養子の誠己さんが父ドナルド・キーン氏の死に対して出したコメントはこちら。

「父は苦しむこともなく、穏やかに永遠の眠りにつきました。みずから選んだ母国で日本人として、
日本人の家族を持ち、日本に感謝の気持ちをささげつつ、幸せに最後の時を迎えました。日本文学に生涯をささげ、日本人として日本の土となることが父の長年の夢でしたから、この上なく幸せな一生だったと確信しています」
死因は、心不全と言われています。




世間の反応は

最後に

養子縁組と聞いて、なぜ?と思われた方も多いかと思います。

身の回りの世話をするところから始まり、独身だった、

ドナルドキーン氏の後を継ぐという形をとるために、

縁組をしたのではないのでしょうか。

日本文学への愛が深く、日本人から日本文学に浮いて博識と慕われ、

国籍まで取得したドナルドキーン氏。ご冥福をお祈りいたします。

最後までお読みいただき有難うございました!