谷井広樹医師 富川グロリアホームとは?谷井護ボウガンで父射った動機?インタビューが痛々しい・・・

こんにちは、耳寄りねこ情報クラブです。

サイトをご覧いただき有難うございます!

さて11日午後10時頃、父親を狙ってボウガンから矢を発射したとして
逮捕された北海道日高町の介護士の谷井護

被害を受けた父親の谷井広樹さんは、医師で、

今回の事件の容疑者である息子も、富川グロリアホーム で共に働いていました。

親子間に何があったのでしょうか?

そして、息子と共に暮らしている、姉や母親は?



事件の詳細は?

 

まずは報道を見てみましょう。

本日、5月18日ということで、
一週間前に事件は起こっていたようです。

 

医師の父にボウガン(洋弓銃)を発射して殺害しようとしたとして、

北海道警門別署は18日、

日高町富川南、介護職員 谷井護容疑者(29)を殺人未遂容疑で逮捕した。

発表によると、谷井容疑者は11日午後10時頃、

自宅で同居する父(59)の頭を狙ってボウガンを発射した疑い。

矢は父の下唇を貫通したが、命に別条はない。

谷井容疑者は調べに対し、「日頃から(父に)ストレスや不満をためていた。殺すつもりだった」などと供述している。

 

 

同署によると、谷井容疑者は、父と同じ老人介護施設で勤務しており、

 

ボウガンは谷井容疑者がインターネットで購入したという。

 

谷井容疑者は12日朝から行方不明となり、姉が同署に届け出て、17日に森町で見つかった。


引用:毎日新聞

 

次の報道を見てみると、

 

父親の谷井広樹さんのインタビューまで報道されています。

 

息子につけられた傷跡のある唇が痛々しいですが、

カメラの前に出てきてインタビューを受け応えられるほどまでに

回復したということですね。

自分の息子にボウガンで射られた傷は、

(しかも殺意があったとのこと)

見ていて複雑な気持ちにならざるを得ません。

 

 

命が助かり、不幸中の幸い・・・・

とはいえ、

息子の護容疑者との関係もこれから考え直すことになるのではないでしょうか。

 

 

父親を狙ってボウガンから矢を発射したとして

 

北海道日高町の介護士の男が殺人未遂の疑いで逮捕されました。

 

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、介護士の谷井護容疑者29歳です。

 

谷井容疑者は今月11日、北海道日高町の老人介護施設兼自宅で

 

父・広樹さんの頭部を狙ってボウガンから矢を発射し、

 

殺害しようとした疑いが持たれています。

 

広樹さんは唇に矢が貫通しけがをしましたが、命に別条はありません。

 

(被害者 谷井広樹さん)

「思い詰めやすい面はあるので今回もそれが原因だと思う。

自分としても至らぬ点があったと思う」

 


警察によりますと、谷井容疑者は事件直後に行方がわからなくなっていましたが、

17日道南の森町で警察官に発見されたということです。

 

谷井容疑者と広樹さんは、現場の老人介護施設で一緒に働いていて、

調べに対し「仕事などで指導を受けるなかで父親へストレスがたまり、殺そうと思った」

という趣旨の話をしているということです。

 

引用:STVニュース北海道

 

 

事件のあった場所は?

 

事件の場所はどこなのでしょうか?

谷井広樹さんは介護施設

富川グロリアホーム

を建てた人物です。

介護施設は、自宅に隣接していました。

 

親子ともに一所に住み、

職場も一緒だったということですね・・。

 

 

地図はこちらです。

 

所在地:〒055-0006 北海道沙流郡日高町富川南4丁目2−48

 




 

富川グロリアホームとは?

 

谷井広樹さんが

医師、介護支援専門員、介護福祉士として、勤務している、老人介護施設です。

息子の護容疑者も介護士として勤務していました。

 

 

谷井護とは誰?

 

現在分かっている谷井護容疑者についてまとめてみます。

 

 

名前:谷井 護

年齢:29

 

住所:〒055-0006 北海道沙流郡日高町富川南4丁目2−48

職業:介護士

容疑:殺人未遂容疑

 

 

 

FacebookなどSNSで顔画像や経歴などを調べてみました。

同姓同名のアカウントが有り、

これかなと思われるアカウントがありましたが、

特定の決め手となる情報は載っていませんでした。

 

 

原因・動機

 

 

今回の事件では、はっきりと

容疑者により動機が述べられており、

谷井容疑者と広樹さんは、現場の老人介護施設で一緒に働いていて、

 

調べに対し「仕事などで指導を受けるなかで父親へストレスがたまり、殺そうと思った」

という趣旨の話をしています。

 

なんだかとても切ないですね。。。

しかし介護士として働ける資格があったのなら、

親元を離れても良かったのでは?

という声も聞こえてきそうですよね。

 

なぜボウガンなのか?

 

 

どうしてボウガンなんかをネットでわざわざ注文したのかまでは、

まだ触れられていませんね。

本当に殺そうと思うのなら唇を貫通するくらいの細い矢

は考え付かないはずです。

それに唇に貫通しても一週間程度で治る傷って、

全然、的を得てないですよね。

 

ボウガンを選ぶというところで、

オカルトに関係しそうな、、、

そんな趣味があったのでしょうか。

 

世間の声

 

ある施設では医者の親父が経営する特養の施設長が30代前半の息子だったわ。大きな施設なのにやけに若い施設長だなと思ったら。この息子も普通の介護職じゃなくて役職付きにすれば良かったのか?

 

 

親より子供の方が優秀なら、、まぁいいけど、親の方が子供より優秀だと、色々とストレスが、有ったんじゃ無いだろうか…。

 

医学部受験失敗して、結局は親の施設で働けるように介護職。ストレスは大きいだろうね。全く別の職業についた方が良かった。

 

医者の息子だから当然医者を目指してたんだろうけど、結果は最底辺の介護職。
ストレスは溜まるだろうな。
せめて、親と別の職場で、かつ別居すればよかったのに、自立する能力もなかったのだろうか。

 

戦後では子供を捨てたり、老人を捨てたりなんて話はチラホラ聞くけど現代では他人のみならず、肉親にも命を狙われるなんて世知辛い世の中となってしまった、日頃から険悪な状態だったんだろうな。

 

親が医者で自分が介護士か。
親の期待を背き、色々言われたんかなぁ。

 

ボーガンで自分の父親を殺害しようとする息子・・・・・

親が嫌いなら病院を離れて、一人で暮らせばいい。
親を殺害しようとするなど、正気の沙汰とは思えません。

 

殺傷能力のある”武器”を簡単に買えるってどうなんだろうか?

 

ボウガンのネット販売は

危険だと思っていた矢先の事件でした。

 

自分は介護職で父は医師とかとてつもない劣等感あるだろ
まして同じ職場ならずっと付きまとう
父親の施設でしか働けないくらい仕事ができなかったのかな

 

 

 

最後に

続報が有り次第更新したいと思います。

最後までお読みいただき有難うございました!