矢口智恵美出身大学!死因特定!白内障手術の眼科医,歓迎会で携帯を盗られたか紛失?

 

こんにちは、耳寄りねこ情報クラブです。

サイトをご覧いただき有難うございます!

さて村山市楯岡新町で「矢口眼科クリニック」を

開業する眼科医の矢口智恵美さんが行方不明で、

自宅から矢口さんとみられる女性が倒れているのが発見された事件の報道で

新たに、最後に連絡を取ったのは新スタッフの歓迎会の後だったということがわかってきました。

さらに、司法解剖の結果、死因も特定され、殺人事件であることが断定されました。

矢口さんを知る周りの方からは人望の厚さから、驚きと衝撃の声が上がっているようです。

事件の内容について詳しくみていきましょう。

 




事件の詳細は?

 

まずは報道を見てみましょう

 

 

山形県東根市のマンションの一室でこの部屋に住む女性医師と見られる遺体が見つかった事件で、

女性医師は18日夜、職場の関係者に連絡していたことが分かった。

19日午後6時ごろ、東根市さくらんぼ駅前にあるマンションの一室で、50代くらいの女性が倒れているのが見つかった。警察が駆けつけた時、女性はすでに死亡していた。

部屋には村山市の眼科クリニックの院長・矢口智恵美さん(51)が一人で暮らしていて、

19日に矢口さんと会う約束をしていた県外に住む弟が遺体を発見した。

(記者)
「事件から一夜明け変死体が見つかった部屋には大きくブルーシートがはられている。

 

まだ現場では鑑識作業が行われ今も続々と捜査員や捜査車両が到着している」

矢口さんとは現在も連絡が取れていない。警察は遺体の身元は矢口さんとみて確認を急ぐとともに、

司法解剖して死因を調べる方針。

矢口さんのクリニックには予約の患者などが事情を知らず訪れていた。

(付き添いの患者の家族)

「はっきりものを言う良い先生」
(女性患者)
「(矢口さんは)元気で明るくて。びっくりした」

 

クリニックによると、矢口さんは18日午後5時ごろまで勤務した後、

夜は山形市で開かれた新人スタッフの歓迎会に出席した。

その後スタッフの1人が矢口さんを送り届け、

午後10時半ごろ、矢口さんが事務長の男性に「私用の携帯電話が見つからない」と電話してきたという。

 

 

警察は状況に不審な点があるため、

事務長に電話した以降に殺人を含めた事件に巻き込まれた可能性があると見て捜査している。

現場はJR奥羽線のさくらんぼ東根駅の近くで、

周辺には飲食店やビジネスホテル、住宅などが立ち並んでいる。

引用:yahooheadlinenews

 

 

 

矢口さんが自宅から北に約5キロ離れた村山市楯岡新町で開業する

「矢口眼科クリニック」には20日朝、「本日休診」の張り紙が出された。

スタッフは「報道を知って急きょ休診を決めた。矢口先生から連絡はなく心配している」と説明した。
通院している村山市の女性(72)は「てきぱきとした優秀な先生で患者の信頼も厚かった。これまで急に休むことはなかった。どこで受診すればいいのか」と途方に暮れていた。
遺体が見つかったマンションは6階建てでJRさくらんぼ東根駅の東約300メートル。周囲には大型ショッピングモールやホテルなどが立ち並ぶ。

引用:https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201905/20190520_53053.html

 

 

 

矢口眼科クリニックの場所は?

 

 

さて矢口さんが亡くなる前日まで勤務していた

クリニックの場所と自宅までの道を見てみましょう

地図はこちらです。

 

 





矢口智恵美さん出身大学屋経歴は?

 

 

矢口さんはお医者さんとしてはどんな先生だったのでしょうか?

 

出身大学

 

調べてみたところ、

「白内障」の学会に出席氏名に

矢口さんのお名前の載っている情報があります。

 

http://www.nichigan.or.jp/member/education/kensyupro_sys.jsp?zenken=1&p_code=3

 

報道などで特定はされていませんので、

参考程度までにですが、

 

こちらのページでは日本医科大学ではないか
ということが推測できます。

1995年に卒業されていますので、
東京で一人暮らしをされていたこともあるようです。

 

 

矢口眼科クリニックの診察ページには
白内障の治療を主に診ている内容が書かれています。

 

矢口先生どんな方?

 

 

「てきぱきとした優秀な先生で患者の信頼も厚かった。

これまで急に休むことはなかった。どこで受診すればいいのか」

 

 

 

(付き添いの患者の家族)

「はっきりものを言う良い先生」

 

 

(女性患者)
「(矢口さんは)元気で明るくて。びっくりした」

 

 

このように信頼を寄せられていた

お医者さんであることが浮き彫りになってきました。

 

一方で、

はっきりものをいう、テキパキとして明るい先生

 

という点から、

ひょっとすると、

痛いところもはっきりと仕事関係者などにいう人のため、

内心良く思わない人も中にはいるのかも、、、、

 

というような事を連想させる表現ですね。

 

矢口さんの死因特定!

 

 

変死体が見つかった部屋

 

矢口さんとは現在も連絡が取れていない

 

警察は遺体の身元は矢口さんとみて確認を急ぐとともに、

司法解剖して死因を調べる方針。

 

このような報道から、

身元がわからないほどのお姿になっていることがわかります。

死因は、頭部打撲による頭蓋内損傷

ということがわかりました。

 

山形県東根市のマンション一室で女性の遺体が見つかった事件で、

県警は20日、遺体の身元はこの部屋の医師矢口智恵美さん(50)と特定した。

死因は頭部打撲による頭蓋内損傷。殺人事件と断定し、村山署に捜査本部を設置した。

別の病院で矢口さんと5年ほど一緒に働いたことのある無職男性(81)は「腕がよく白内障の手術が上手だった。恨まれるような人ではない」と話した。

遺体は19日午後5時50分ごろ、1人暮らしの矢口さん宅を訪れた弟が見つけ110番した。

引用:JIJI

 

結婚のついたゴルフのパターも
見つかっているということです。

まるで、事件ドラマの
設定そのもののようです・・・・。

世間の声

 

 

発見し、通報したのは弟だと
他の記事にありましたが…

この年齢の女性医師、
貴重な存在であるはず。
何があったのでしょうね?

担当医が亡くなり、
きっと患者さんも困惑。
社会的損失が大きいですね。

早い犯人逮捕を願います。

 

亡くなられたこの先生は気の毒で、しっかり調査して欲しいと思いますが、

さくらんぼ駅なんてあるんだ、と思いました。

 

 

こういう場合第1発見者は疑われてしまうよね…

 

マスコミの格好のネタですな。
女医と事務長と弟。

 

何があったんだろう…

さくらんぼ駅、さくらんぼ東駅…
可愛すぎる。

 

しっかり捜査をして、早期の解決を
望む。

 

まぁ、しかし弟が…..どういう付き合い方なのか?
保険金調べたのかな、被害の状況がよくわからない!

 

山形県の東根市って、実は政令都市の仙台市のお隣にあるのです、
今からの最高の土地!!!

 

交友関係
流し
いずれにせよ金目当てだなんてまさか

 

前日に職場に電話していて生存確認は出来ているので、マンションの防犯カメラを確認したら直ぐに判りそう。

 

 

 

最後に

 

地域では、信頼をおかれていた眼科のお医者さんなだけに、

とても残念なニュースですよね。

早く犯人が捕まると良いですね。

亡くなった命は戻ってきませんが・・・ご冥福をお祈りいたします。

 

続報が有り次第更新したいと思います。

最後までお読みいただき有難うございました!