猪野屋博医師イムス三芳総合病院の役職や経歴がすごい!6万ぽんと貸せるには訳がある

こんにちは、耳寄りねこ情報クラブです。

サイトをご覧いただき有難うございます!

さて、

沖縄県那覇で崎元颯馬(そうま)さん(17)が、財布をなくして困っていた時に、

お金を貸してくれた見ず知らずの男性を探していました。

10日午前に、沖縄タイムズのネットニュースを見た医師の男性本人からの連絡だったそうで、

男性と連絡が取れたそうですね!その医師とは、猪野屋博さん。

飛行機に乗れずに困り果てていた崎元さんにポーンと6万円を名乗りもせずに貸してあげられる懐の大きいこと!!

一体どんな方だったのでしょうか??

 




どうして6万円をとっさに貸したのか?

 

報道を見てみると・・・

 

沖縄県立沖縄工業高校2年の崎元颯馬(そうま)さん(17)が、財布をなくして困っていた時に、お金を貸してくれた見ず知らずの男性を捜していた件で、10日午前、本紙などの記事を見た本人から同校に連絡があった。

男性は埼玉県のイムス三芳総合病院で勤める脳卒中神経内視鏡センター長の猪野屋博医師(68)。ネットニュースを読んだ同じ病院の医師から伝えられた。

猪野屋さんは「捜してくれていることに感激して泣けてきた。信じていて良かった」と涙を流しながら喜んだ。学校から恩人が見つかったことを知らされた崎元さんも「今すぐ連絡したいほど嬉しい。あの時の感謝が思いだされて胸がこみあげる」と話した。

母親が沖縄出身で、沖縄にもゆかりが深く、たびたび来県する猪野屋さん

20日から沖縄を訪れ、滞在中に崎元さんや学校関係者と面談する予定。

「感謝の気持ちを伝えたい」と話す崎元さんは、
直接会ってお金を返し、「工業高校生らしく自作の品もプレゼントしたい」と再会を心待ちにしている。

2人の「出会い」は4月24日の早朝。
崎元さんは伯父の葬儀で与那国島に行くため那覇空港に向かっていたが、航空券代が入った財布をなくし途方に暮れていた。

沖縄都市モノレールに同乗していた猪野屋さんは、
うなだれている崎元さんに「どうしたんだ」と声を掛け、事情を知った。

なくしたお金は6万円。猪野屋さんは「そんなにかかるのか」と一瞬、疑問もよぎったが、

「あまりに悲しい顔なので、貸すことは先に決めていた」。

空港駅のホームで6万円を渡し、身元も十分に確認しないまま、出発便へ急がせた。

猪野屋さんは埼玉に戻る前に念のため警察に行き、困った高校生がいたと、
いきさつを説明。警察からは「高校生が誰か分かるわけない」と言われた。
帰ってから知人らと話題にしたが、「だまされたんだよ」と笑われた。

半ば諦めもあったが「俺は信じている」と思っていた猪野屋さん。
10日朝に同じ病院の医師からの電話で崎元さんが捜していることを知った。
「やはり沖縄の人は優しいよ。涙が止まらなかった」と、取材にも泣きながら話した。

同日、猪野屋さんから連絡を受けた同校の赤嶺正一郎教頭(53)は

「こんなに早く見つかり驚いた。崎元さんと一緒にお礼したい」と話した。

(デジタル部 宮城栄作)
引用: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00418081-okinawat-oki

なぜそんなに急いでいたのでしょうか?

名前も連絡先も聴きそびれるほどのパニックとは?

次に崎元さんとは誰なのか?含めてみていきましょう。

 

崎元颯馬さんとは?

 

崎元颯馬さんは、沖縄県立沖縄工業高校2年で17歳です。

 

なぜそこまでパニックに?

 

崎元さんの叔父が前日亡くなってしまったそうですね。

 

葬儀の時間に間に合うようにということだったのでしょう。

沖縄から石垣島へは複数の飛行機会社が就航していますが、

葬儀の時間に間に合うように、急いでいたのでしょうね。

それに、とても大切な人だったとしたら、

訃報を受けて、様々な思いが頭を駆け巡り、普通ではいられなかったことでしょう。

 

石垣島へは、沖縄から一万円あれば片道なんとかなりそうなものですが・・・

6万円!

所持していた金額をとっさに答えてしまった崎元さんだったのかもしれませんね。

飛行機の時間に遅れそうでパニックになっていた崎元さんは名前や連絡先を聞きそびれてしまったという。

「おかげで葬儀に間に合い、伯父にお別れができた。借りたお金を返しお礼が言いたい」

引用: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00418081-okinawat-oki

 

猪野屋博医師とは誰?

 

猪野屋博医師についてまとめてみます。

現在69歳です。

お母様が沖縄出身なのでよく沖縄を訪れていらっしゃるんですね。

猪野屋さんは、首里中・高校出身で新潟大学医学部を卒業。

東京大学で脳神経外科の教官を経て各地の病院で脳神経外科医として活躍。

東京大学 医学博士号を取得しています。

沖縄でも旧県立那覇病院、豊見城中央病院で脳神経外科部長を務めました。

 

現在はイムス三芳総合病院

脳卒中神経内視鏡センター長を務めていらっしゃいます。

所属学会は、 日本脳神経外科学会(専門医)。

 

 

 

世間の声

 

 

あなたが信じたからこそのいい話をありがとうございます。

悲しい事件が多い中とても温かくなりました。

 

感激です。真面目な高校生と善良な医師の話。素敵なドラマになりそう。
これぞ、令和のニッポン!

 

見つかって良かった。名乗り出てくれて良かったね。僕も少し涙が出てきそうです。こんな良い話ばかりであって欲しいですね!

 

そうですか。見つかりましたか。よかった。この記事を発信して相手がすぐ見つかる。メディアの正しい使い方ですね。6万もの大金を咄嗟に貸した医師も素晴らしいが、お金を返したいとメディア発信した高校生も素晴らしい。この件で将来の歩む道も変わったりするのだろうか
この高校生にとって、間違いなく人生の分岐点になったであろう。
お二人の再会の記事も読みたいです

 

崎元くんも嬉しかったのだろうけど、貸した方はそれ以上に嬉しい事だと思う。

 

めちゃめちゃ良い話です。
感動しました。
最近心が折れるニュースばかり
だったので
こんなに感動するニュース
ありがとうございます。
そして2人にありがとう。

 

お互いなかなか出来る事ではないですよね。
色々な詐欺事件がある世の中。
真実だからその思いが伝わり助けてもらったのでしょうし。
義理人情ってやっぱりいつの時代も素晴らしいです。

 

温かいお話ですね。

朝新聞を読んで少し涙が浮かびましたが。

見つかって良かったね。

日本人として嬉しい誇らしい話です。

 

病院のサイト見ましたが優しそうな方でした

感動的な話ですね!

 

こちらも嬉しくて泣けてきます。
良いお話をありがとうございました!

 

最後に

 

猪野屋さんはとても良い人ですが、

困っていた高校生の崎元さんを見る目もしっかりお持ちだったのではと思います。

 

普通であれば、通りすがりにどうしたんだろうって思って素通りするくらいの、

世の中だと思います。

 

それで崎元さんが例えば変なひとで、詐欺師でうなだれていても

この男性はおそらく目に留めなかったと思います。

 

本当に困り果てていた姿を目にして、

咄嗟に判断ができる人格をお持ちだったのだと思います。

 

6万をとっさに貸すなんて、

一般人からしたら太っ腹ですしお医者さんの力ですね!

 

私も電車の中にマフラー忘れてしまって、

降りた時に気づいて振り返ったら電車は発進、

もうダメだと思ったら、同じコパートメントに座っていた男性がそのマフラーを持って、

その電車を降車し、私を捜していてくれたことがありました!

そんなことを思い出しました。

 

高校生の崎元さんの記事がネットで伝わって良かったですね!

これぞ現代のネットの力!?

こんなこともあるんだって、

「善く生きよう!」

 

と思わせてくれるニュースでしたね。

 

最後までお読みいただき有難うございました!