武蔵陵墓地で遺体にボーガンの矢!遺体身元,名前判明?矢や現場画像!

こんにちは、耳寄りねこ情報クラブです。

サイトをご覧いただき有難うございます!

さて、改元され新しい令和の年が始まった1日ですが、午前7時ごろ、

東京都八王子市の武蔵陵墓地の敷地内で、

宮内庁職員が男性遺体を発見した報道がありました。

近くに落ちていたボーガンようなものとは?

遺体の身元や名前は判明してるのでしょうか?

 

についてのリサーチなどをまとめてみたいと思います。

 




事件の詳細は?

 

まずは報道を見てみましょう

5月1日の記事です

昭和天皇や大正天皇が埋葬されている陵がある

東京・八王子市の「武蔵陵墓地」で、

男性が死亡しているのが見つかりました。

近くにはボーガンが落ちていて、

警視庁は自殺を図ったとみて詳しいいきさつを調べています。

1日午前7時ごろ、昭和天皇や大正天皇が埋葬されている陵がある

東京・八王子市の「武蔵陵墓地」の敷地内で、

巡回中の宮内庁の職員が男性が倒れているのを見つけた

ということです。

警視庁によりますと、男性はすでに死亡していて、

近くにはボーガンが落ちていたということです。

「武蔵陵墓地」には、昭和天皇が埋葬されている

「武蔵野陵」や、大正天皇が埋葬されている「多摩陵」があり、

男性が倒れていたのは「多摩陵」の西側にある

工事中のエリアだったということです。

警視庁は、遺体や現場の状況などから、

自殺を図ったとみて、

身元の確認を進めるとともに詳しいいきさつを調べています。

「武蔵陵墓地」は、午前9時から午後4時までは誰でも訪れることができ、

先月23日には退位に関する儀式の一つとして、

上皇ご夫妻が「武蔵野陵」を参拝されました。

引用: NHKNews

 

 

自殺とみられているって、

なんだか不吉です。

それにこんな天皇と関係のあるこの日に。

 

何かしら変な思想を持った人が世の中には存在するようですね。

 

遺体の身元は判明?

 

遺体の身元は報道によると現在調査中であるとのことですが、

以下の報道から30〜50代と、

中年の男性であることがわかっています。

 

同署などによると、男性は30~50歳代くらい。

墓地には、昭和天皇陵(武蔵野陵)と

香淳皇后の武蔵野東陵、

大正天皇の多摩陵、貞明皇后の多摩東陵がある。

【山本佳孝】 引用:毎日新聞




ボーガンの矢とは?

 

wikipediaによると、


クロスボウ(英: crossbow)は、西洋で用いられた弓の一種であり、専用の矢を板ばねの力で弦により発射する武器。
日本語のボウガン (bowgun) は、株式会社ボウガンの商標名。

 

 

 

 

遺体の画像?

 

遺体がどのように横たわっていたかは

 

報道されているこちらの画像で確認することができます。

 

 

報道がされ判明し次第、こちらでも更新していきます。




事件のあった場所は?

 

東京・八王子市の「武蔵陵墓地」です。

 

地図はこちらです:

動機については続報が有り次第更新したいと思います。

 

最後までお読みいただき有難うございました!