栗原勇一郎の性的虐待も暴露!矢部雅彦,二瓶一嗣(児相)はなぜ保護解除を?

こんにちは、耳寄りねこ情報クラブです。

サイトをご覧いただき有難うございます!

さて、、

千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10)が虐待死したとされる事件で、

心愛さんが県柏児童相談所に一時保護されていた際に、

父親の勇一郎被告が、

性的虐待の疑いがあると医師が診断したものの、

約2週間後に柏児相は保護を解除していたそうですね。

なぜ把握されていながらも保護解除がされてしまったのでしょうか?



事件の詳細は?

 

まずは報道を見てみましょう

 

千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10)が虐待死したとされる事件で、

心愛さんが県柏児童相談所に一時保護されていた際に、父親の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=に

下着を下ろされたなどと訴えていたことがわかった。

性的虐待の疑いがあると医師が診断したものの、約2週間後に柏児相は保護を解除していた。

県の虐待対応マニュアルでは、性的虐待の疑いは保護の緊急性を高くすべきケースにあたる。

 

 

心愛ちゃんが受けた性的虐待とは?

 

具体的には、

 

 

・急にズボンを下ろされた

・就寝中に急に手で口と鼻をふさがれ、息ができなくなる、唇が腫れる

 

 

といった被害に遭っていたそうで、

とってもはっきりと、その様子が語られていたことがわかります。

 

 

 

保護の解除にあたって医師の診断がどう評価されたのかなどは明らかになっておらず、

一連の経緯を検証している国や県は、重要な焦点として児相や関係者への聞き取りを進めている。

関係者によると、心愛さんは2017年11~12月の保護期間中、

医師や柏児相職員らに対し「(父親から)夜中に起こされ、窓の外に誰かいるから見てこいと言われた」場面について話した。

「パパが急にズボンを下ろしてきた。パンツも脱げて『やめてよ』と言ってすぐに上げたら、パパから『そんなこと言うとバレるだろ』と言われた」と打ち明けたという。

さらに、寝ている時に起こされて手で口と鼻をふさがれ、

「息ができなくて死ぬかと思った」

「朝起きたら唇が腫れていてマスクをして学校に行った」などと身体的な虐待も訴えた。

母親がいない時や就寝中に、こうした被害に遭っていたという。

 

 診断した医師のコメント

 

「暴力行為だけではなく性的虐待を含み、(心愛さんの)恐怖心はかなり強い」との所見をまとめた。

心愛さんが「父親の悪夢を見る」ほどで、

不安になったり被害内容が話せなかったりする症状も出ていたため、

12月中旬、「PTSD(心的外傷後ストレス障害)の状態と診断される」

 

との見解を示しています。

とてもはっきりとしたPTSDの診断が下っていながらも、

なぜ問題解決がなされなかったのか不可解な点がたくさんありますね。。。

 

勇一郎被告の性的虐待の認否は?

 

 

勇一郎被告は2017年の児童相談所との面談では、

自身の虐待を認めていません。

 

 

勇一郎被告は一時保護中の柏児相との面接で、

こうした虐待を否定している。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/videomain?d=20190514-00417614-fnn-soci&s=lost_points&o=desc&t=t&p=1

 

 

柏児相はなぜ保護解除を??

 

では、なぜ、このように心愛さんが

被害を訴え医師の見解もはっきりしていたにも関わらず、

保護を解除してしまったのでしょうか!?

 

今現在、一連の経緯を検証している国や県が、

重要な焦点として児相や関係者への聞き取りを進めているところですが、

 

柏児童相談所、野田市教育委員会は、以前も心愛さんの書いたアンケートを、

勇一郎被告に渡してしまっており、

それが原因で、虐待が防げないに至ったという経緯もあります。

それがなぜだったかというと、

矢部雅彦 指導課長によると、

アンケートを返せといってきた

栗原勇一郎被告は、
「睨みつけられ、追い詰められる印象があった」ということです。

大人は怖がっていても、そこをガードしなければならない立場なんですけれど、

そこまで強い権限を持っていないという意識だったのでしょうか。
でもそれじゃ、いけませんよね・・・。


 




世間の声

この父親には怒りとかそう言うものではなく吐き気がする。 獄中で同じ目にあって欲しい。

 

 

父親は会社でも評判は悪くなかったようだ。一見どこにでも居そうな
真面目な父親に見える。それが事件の発覚が遅れてしまった一因ともいえるのでは?普段は教育熱心な良き父親を演じていたのだろう。性的虐待も有ったなら完全に精神を病んでいたと言える。母親がせめて唯一娘さんを守ってほしかった、当時の娘さんの孤独と恐怖を思うと悲しすぎて涙が出る

 

児相の権限を警察と同等レベルに引き上げるべきだ。
児相の職員も相当な人材を配置して未来有る子供を適正に保護するべき!

 

まさか性的虐待までとは思いませんでした。
絶対許せない。

2018年1月15日にアンケートを渡した矢部雅彦も責任に問われるべきなのにこのまま風化してしまいそうで憤りを感じます。

 

こいつは、学校でも児童相談所でもかなり相手にスゴんでいたようだけど、要注意人物なら複数人でとか大柄な男性が対応するとかすぐに警察に連絡すると警告するとかできんかったのかなぁと思う。

 

父親の性的虐待訴える 児相は把握するも保護解除

って性的虐待をした親を保護者扱いしたり保護解除なんかしたら犯罪の温床になってしまう。

このニュースは知れば知るほど怒りと無念さでいっぱいになる。嫌な気分になるけどもう二度と起きないでほしいから全てをあからさまにしてほしい!

児相がたくさん案件を抱えてても緊急度の高い案件だった。

本当に無念だ。

 

会見で所長の表情を見る限り
お前じゃ無理だと思った。

勝手に出世するのはいいが
出来ない事まで引き受けると周りが苦労する。

 

この人、本当にひどい。
妻や子供を自分のはけ口にしていたんでしょうね。
考えたくないけど、みあちゃんの下にいる子だって、DVの末にできた子だろうと思ってしまう。
自己中にもほどがある。
吐き気を覚えます。

 

自分の子供をそういう目でみるとか気持ち悪すぎる。もはや人ではない。けだもの。

 

もう写真はやめてほしい。痛ましいことをされた記事と愛らしい笑顔、同時にみたくないです。
父親の憎らしい写真にしてください。

 

 

最後に

 

 

明らかになればなるほど、

酷いことばかりしていた父親の被告。

絶対に天国には行けません。

 

今現在問題なのは、現状、このような被害を受けている可能性の子供が

他にもいることです。

 

性的虐待を把握しながらも心愛さんの保護を解除した、

児童相談所や、

精神的苦痛を知っていながら診断するだけに留まってしまった医師、

 

性的虐待を認めたと同等ではないでしょうか。。。

教師も周りの大人も、児童相談所の大人も、

余裕を持って子供ど接する心の余裕ができる社会になることを心から願ってやみません・・・!

 

続報が有り次第更新したいと思います。

最後までお読みいただき有難うございました!

 

関連の記事はこちら

 

栗原勇一郎被告の判決は死刑になる?ならない?

 

栗原勇一郎被告の離婚歴

 

勇一郎被告ラジオ出演していた!声あり