木村進 娘や若い頃!死因は腎不全のため大阪市内の病院で【訃報】

こんにちは、耳寄りねこ情報クラブです。

サイトをご覧いただき有難うございます!

さて19日午後3時14分、

吉本新喜劇のスターだった木村進(きむら・すすむ、本名同じ)さんが

腎不全のため大阪市内の病院で亡くなりました。

ご家族はどんな方達?そして若い頃も振り返ってみてみたいと思います。

 




事件の詳細は?

 

まずは報道を見てみましょう

 

吉本新喜劇のスターだった木村進(きむら・すすむ、本名同じ)さん

19日午後3時14分、腎不全のため大阪市内の病院で死去した。

九州の喜劇役者、初代博多淡海を祖父に、二代目を父に持ち、

自身も16歳で淡海劇団に入り「博多小淡海」を名乗って活躍したが19歳で半ば親の反対を押し切り、

吉本興業に入社。端正な顔立ちで瞬く間に人気者となり23歳の若さで座長に就いた。

座布団の上で正座したまま飛び上がるギャグ、

「イーッヒッヒッヒッ」と奇声を発する独特な笑い声、

おばあちゃんキャラと芸の幅は広く、

やることなすことすべてを笑いにつなげる天性の喜劇人だった。

 

 

87年には父の名跡であった「博多淡海」を三代目として襲名。

しかし翌年、襲名披露公演で訪れた故郷・福岡で脳内出血で倒れた。

一命は取り留めたものの左半身に重い障害が残り、歩行困難になった。

新喜劇も退団することになり、吉本興業も退社。

近年では車いすが手放せなかった。

99年、盟友の寛平が大阪・なんばグランド花月(NGK)で行った芸能生活30周年記念公演にも車いすで駆けつけた。

通夜は5月21日午後7時から、

葬儀・告別式は22日午前11時半から、大阪市都島区毛馬町2丁目10-40、都島葬祭 コスモール都島にて営まれる。

喪主は妹の木村龍子さん。

引用: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000212-spnannex-ent

 




木村進さんとは誰?

 

木村さんはどんな方かというと、

 

名前:木村進

年齢:68(享年)

住所:大阪市内

職業:元お笑い芸人

福岡県出身で、

1970年代から80年代前半、

間寛平(69)らと新喜劇の一時代を築きました。

 

娘さんは木村龍子さん?

 

さて、喪主を見ると、木村龍子さんとなっていますが、

 

このかたは妹さんです。

令妹である木村龍子さんについて

調べてみましたが、

顔画像や芸能人としてご活躍されているかどうか

詳しい情報は出てきませんでした。

 

木村進さんのさんは、ひとりです。

吉本新喜劇に所属の

木村優さんです。

木村優さんは結婚して男の子が生まれましたので、

木村さんはおじいちゃんだったのですね。

 

 

木村進の妻は?

 

 

木村進さんの結婚相手(嫁)は、
日活ポルノ女優として活躍した風間舞子さん。

 

風間舞子さんは、長崎県出身であることがわかっているため、同じ九州出身ということが共通点ですね。

 

木村進さんと元妻の風間舞子さんは、木村進さんが吉本興業を退社する前後に離婚しています。

木村進さんが脳内出血で倒れ、左半身不随になったことで自暴自棄になり

夫婦関係も悪化したことが原因だったようです。

その後も結婚しましたが、離婚。
2度目の結婚相手については情報がありませんでした。

 

 

 

木村進さん若い頃

世間の声

 

 

最後に

続報が有り次第更新したいと思います。

最後までお読みいただき有難うございました!