日本からドイツヘ持っていきたい日本食➁

こんにちはミミよりねこです(=^・^=)

今回は、日本から持っていきたい日本食ということで、

実際に海外に住んでいて、

「良かった!これが有ったから生き延びられた!」

という食材、第二回です!

 

現地では調達できる食品だけれど、どれくらいの値段で手に入るのかなど

を引き続き、ご紹介します!

要check it out!

 

日本産のお米

これほど、日本のお米がおいしいとは知りませんでした、

海外に行って生活してみるまでは

こんなにも日本でお米がこんなにも貴重なものだと思わなかったんです….!

なんでドイツでそんなにお米のおいしさに気付くのでしょう?

 

ドイツではどんなお米が売られているのか?

 

ドイツでは、ミルヒライス(Milchreis)というお米が普通のスーパーには売っています。

500mgで2ユーロ前後の、少し粒が小さめのお米で、

イタリア産が多かったです。

このミルヒライスは

名前の通り、ミルヒ=牛乳 ライス=お米

(ん?お米に牛乳?!)

でも、袋の中に入っているのは、普通のお米だけ。

ミルヒライスというのは、そのお米の料理名です。

最初信じられませんでしたが、

ドイツ人たちはお米を牛乳でぐつぐつとお粥のように煮て、

クランベリージャムやはちみつをかけて、

おやつとして食べるのです。(!)

げげげ!

これが最初ミルヒライスを見たときの、私の反応ですけど・・・

 

ミルヒライスはどんな時に食べられるの?

どんなときに、誰が好んで、

このミルヒライスを食べたくなるのか、想像できませんでしたが、

ある日ドイツ人の友達が集う映画鑑賞のパーティ

(若い人たちばかりです)

みんなおいしそうにヨーグルト感覚で食べている・・・。

ドイツでは子供も大人もおやつ代わりに、

ミルヒライスを食べています。

スーパーにもプリンやヨーグルトと同じ棚に、並んでいます。

それくらい、お米を牛乳で煮た、スイーツが、普通のものなんですね。

まぁ、ドリアのように、お米と牛乳が一緒に調理されていると考えたら

納得もできますが。

 

ドイツで買うミルヒライスはどんな食感?

このお米はドイツでは、スイーツとして食されていましたが、

炊飯器や鍋でお水で炊いて、

もちろん和食のご飯としても食べられます

炊飯器で炊いてみた所の感想は・・・

日本のお米と比べて、

あまりモチモチ感がありませんでした。

パラパラと米と米があまりくっつかないので、

チャーハンなどの調理には向いています。

それでも美味しく食べる方法

モチモチ感がないミルヒライス。

ミミネコは和食が好きなので毎日ミルヒライスを

炊飯器で炊いていましたが・・・

・・・・やはり不味い(´・ω・`)

でもあるとき日本人の友達が炊いたお米がおいしかったのです。

友達は、炊飯器を持っていなかったので、お鍋で炊いていました。

なので、調理法を

お鍋で炊く!!

に変えてみたら、だいぶ、おいしくなりました。

炊き方のポイントは、

・Brita(浄水器)を通してカルキを取り除いたお水を使う

・まずは、お鍋での白米の炊きかたを調べて、試してみる

・炊飯器で炊くお水の量よりお水を少し多めに入れる

・コンロに依って熱の通り方が違うので、何回も試して、

どのレシピが一番おいしく炊けるか、を発見する

 

試行錯誤やっていくと、調理時間をタイマーなどを使わなくても

うまく炊ける感覚が分かるようになります。

 

はぁお鍋でなんてめんどくさいよぉと思ったそこのあなた!

炊飯器で炊いた方がラクチンですが、

手間ひまかけて、できたおいしさというのは何にも代えられません!

 

それでもなぜ、日本産のお米が良いか

ミルヒライスもうまく調理すれば、美味しく食べることができました。

しかーし、

久々に日本産のお米を食べると、

やはり、ミルヒライスとは格段の違い・・・それは、

粒がたっていて、ハリがある

そして格段ともちもちしている・・・・!

ということでした。

普段日本で、普通に食べていた頃の白米の価値が、

海外に行くと、ぐーんと上がります。

日本産の白米に新たな感動を発見したのでした。

白米をドイツで調理するなら現地産か日本産の米どっち?

ミルヒライスでもおいしく調理はできます。

でも、日本人でたいたい海外に長期間滞在している人たちは、

みんな日本米をお取り寄せしたり、日本から持ってきていました。

みみねこも、

日本米6:4ミルヒライス

くらいの割合で、食べていました。

本格的においしい和食を食べたいときは、日本米で、

どっちでもいい気分の時はミルヒライスで、

というように使い分けしていってました。

日本米は一袋お取り寄せしようと思うと、割高になるので、

節約のために、使い分けていましたよ。

また、外国にいるのに、すべて、日本米でまかなってしまい、

全く日本での生活と同じようにするよりかは、

ミルヒライスを美味しく炊くという挑戦にトライするのも

案外楽しかったです(笑)

さてお次ごはんと合うものシリーズ、次回はご飯に合う、●●を紹介したいと思います。