年金改悪シナリオと2chの声まとめ!いつから?第3号被保険者は廃止される!

こんにちは、耳寄りねこ情報クラブです。

サイトをご覧いただき有難うございます!

 

 

さて時代は令和に入り

おめでたムードは漂っていますが、

現実的には

改革も多い時代となりそうですよ。

 

 

平成と比べて、動きが多い、

さらに激動の時代となるのかも?

その一つで、

 

年金改悪の議論が持ち上がってきています。

第3号被保険者も廃止なのか?

年金改悪シナリオについての

リサーチなどをまとめてみたいと思います。

 




年金改悪の詳細は?

 

このような図が浮上してきております。

 

 

 

引用:https://www.moneypost.jp

年金改悪とは?

 

 

そのメインターゲットは団塊ジュニア(1971~1974年生まれ)だと考えられる。

 

現在48歳(1971年生まれ)の団塊ジュニアから年金70歳支給になるように、

 

支給開始年齢を68歳→70歳→75歳へと段階的に引き上げる。

 

その手始めに導入されるのが「75歳選択受給」だ。

 

「平成の改革」では、男性サラリーマンの年金支給開始年齢が

 

2001年から段階的に引き上げられてきた。

 

今年58歳の1961年生まれの世代から完全に65歳支給に移行し、

 

激変緩和措置として65歳前にもらえる厚生年金の特別支給もなくなる。

 

完全移行は2026年の予定だ。

 

では、次の70歳への支給開始年齢の引き上げはいつから始まるのか。

 

実は、民主、自民、公明3党合意で消費税10%増税を決めた7年前の「税と社会保障一体改革」の際、

 

社会保障審議会年金部会では68歳への支給年齢引き上げの具体的なスケジュールが議論された。

 

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190502-00000005-moneypost-bus_all

 

高齢者が増えている今、

苦肉の策ということなんでしょうか・・・。

 

年金受給の年齢は

 

70歳も68歳もどちらにしても

引き上げに変わりはないですよね!

 

新提案の施行開始時期は

 

「令和の年金改革」の狙いは厚生労働省から出ているプランがあるようです。

シナリオというように、現時点(2019年5月)しっかりと決まっているわけではないようです。

厚労省が年金部会に提出したプランには、

 

 

◆65歳支給の完全実施を早めて「2024年」から上げていく案と、

◆従来の引き上げペースのまま2026年に65歳支給に移行した後、
そのままのペースで「2029年」から66歳、67歳へと2年に1歳ずつ引き上げていく案が示されている。

このうち、団塊ジュニアから70歳支給になるのが後者の案だ

(実施が7年間遅れたために前者のスケジュールは今からでは間に合わない)。

 

「団塊の次に人口が多い団塊ジュニアが年金をもらい始める前に70歳支給に引き上げる」という

「令和の年金改革」の狙いからみると、

この2029年開始のスケジュールを基本に70歳→75歳へと

支給開始年齢を引き上げていく議論が進められると予想される。

 




第3号被保険者とは?

 

 

現在、夫の厚生年金に加入し、年金保険料を支払わずに基礎年金をもらうことができる

「第3号被保険者」の妻のことで、

日本全国に約870万人いるそうですね。

 

第3号については共稼ぎの妻や働く独身女性などから

 

「保険料を負担せずに年金受給は不公平」という不満が根強くあり、

政府は男女共同参画基本計画で〈第3号被保険者を縮小していく〉と閣議決定し、

国策として妻たちからなんとかして保険料を徴収する作戦を進めている。

 

厚生年金の加入要件を広げることで仕事を持つパート妻を

どんどん加入させているのはその一環だ。

 

3年前の年金法改正で厚生年金の適用要件が大幅に緩和され、

わずか1年で約37万人が新たに加入している。

 

そうして篩(ふるい)に掛けていけば、

最後は純粋に無職の専業主婦が残る。

 

厚労省や社会保険審議会では、

無職の主婦から保険料を取る方法も検討してきた。

「第3号を廃止して妻に国民年金保険料を払ってもらう案、

妻には基礎年金を半額だけ支給する案、

夫の厚生年金保険料に妻の保険料を加算して

徴収する案などがあがっている」(厚労省関係者)

令和の改革でいよいよ「3号廃止」へと議論が進む可能性が高い。

引用:週刊ポスト2019年5月3・10日号

 

 

 

 

 

専業主婦になっても、

 

年金がもらえなくなるってことで、

 

となれば働くウーマンが増えますね。

 

少子高齢化対策のことは考えているんでしょうか・・・!

 

2chの声

 

介護している子供は、財産相続時において優遇される・・・今年の5月から

 

 

東大生の一番なりたい職業 専業主婦
うらやましいんだろ

 

 

 

人の幸せを妬む民族だからね

 

政府批判に持って行きたいのも工作だと思うぞ
安倍政権を倒したいと一番強く思っているのは
野党でもマスゴミでもなく実は財務省だし

 

20歳以上60歳未満は各自全員納付でいい
で、介護で目が離せないとか乳児がいるとかは、病気で働けない人と同様に減免対象にすればいい

 

馴染むまでも労力使うしな
お疲れ様です

 

 

東京一極の時点で無理だな

 

 

結婚しても子供を産む数が減っているって知っている?

 

結婚は手段なんだから、それを優遇するより
結果である子供に対して優遇措置を講じたほうが遥かに合理的。
今はお金が無いから2人目を産むのをやめようみたいなのも当たり前にあるからな。
子供に対して優遇すれば、こういう家庭も2人目、3人目を産むようになる。

 

 

妻の結婚年齢が19歳未満の場合の夫婦の合計出生率は2.5なんだが?
[外部リンク] ttp://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/report15html/images/fig2-2-3r.gif

 

 

つまり、会社や学校で時間を無駄にせずに10代のうちに結婚して家庭に入ってる女は現状でも平均2人以上産んでる。

少子高齢化は若い女の性的関係を暴力的に妨害し女が社会に出て働くように誘導している児童ポルノ法や女の学校教育等の男女平等政策が原因であるということ。

あと結婚は手段だからそれを優遇するより結果である子供に対して優遇した方が良いとか意味不明なんですけど?

いくら結果を優遇しても、女を結婚させて家庭に入れなければ子供は増えませんけど?

男は家に帰って若くて可愛い10代の幼妻が待ってりゃ何も言わなくても”やるべきことをやる”。

独身男性は女の社会進出の被害者でしかない。

大事なのは結婚せずに女としての役割を果たさず会社で怠けてる馬鹿な穀潰しの反社会的独身女をさっさと結婚させて家庭に押し込む事であり子供に対して優遇したり保育園を作ることでは無い。

 

 

まず、女性としての使命感と覚悟を固めて示してほしい。
女性はどういう形で社会に貢献したいのか。するべきなのか。
女性が話合って、社会に示してほしい。
男性は、生まれて物心ついたら、賃金労働することで家庭を支える使命感と覚悟をもっている。

 

 

払うものは払えばいいだけ

 

 

厚労省の長年の年金制度運用失敗のツケを専業主婦に押し付ける。噴飯もの。

 

 

わしが働いて額面2000万、嫁専業の方が
税金にたかる保育園も使わんし、
嫁はんもPTAや自治会やら市民としての務めをめちゃ果しまくりやのに。

 

 

甲斐性なしの旦那のブサイクな共働きのババア、福祉にたかるわ税金まけてもらうわ優遇ばっかりされとるのに
さらに文句垂れてる。
師ねボケども。

 

 

 

政党変わっても税収対象が変わるだけで結局搾取することしか考えてないから
次のターゲットが変わるだけで国民の負担は変わらんって真実

 

 

独身に高給取りがいると思う?

 

 

3号は免除
ここが議論の根本

 

もはや年金は自分で運用して自分で増やすしかなかろう

 

だからその余裕があるなら嫁の分の年金くらい払えるでしょって話
このスレで騒いでいるのは

 

その程度の余裕すらない本来は専業主婦なんかしてはいけない層
まず払った分を返せよ。それから全て個人で賄うってしろよ。
詐欺すぎて頭痛くなるわ。

 

 

高齢者を駆り出し、外人を駆り出し、氷河期世代を駆り出し、ニート生保を駆り出し、女性を駆り出し
一億総玉砕かな

冗談じゃない

 

 

専業主夫のσ(゚∀゚ )オレ

ピンチ

 

 

 

最後までお読みいただき有難うございました!