平山貴則facebook顔画像!ペイペイ詐欺初の逮捕! 栃木県出身が愛知で犯行、注意すべき点とは?

 

 

 

こんにちは、耳寄りねこ情報クラブです。

サイトをご覧いただき有難うございます!

さて
ペイペイってちょっと怖いなと思う事件です。

2018年12月10日、他人のクレジットカードを支払先に指定したペイペイアカウントを使い、

名古屋市千種区の家電量販店から

ブルーレイレコーダーとノートパソコン(販売価格計約35万円)

をだまし取った21歳の若者が逮捕されました。

平山貴則 とはどんな人物なのでしょうか?

ペイペイを使うときに注意しなければならないのは?




事件の詳細は?

 

まずは報道を見てみましょう

 

他人のクレジットカード情報を不正登録したスマートフォン決済アプリ「ペイペイ」を使って家電量販店から商品をだまし取ったとして、愛知県警は22日、栃木県那須塩原市材木町、無職、平山貴則容疑者(21)を詐欺容疑で逮捕した。愛知県警によると、ペイペイを使った詐欺事件の摘発は全国初。

逮捕容疑は2018年12月10日、

他人のクレジットカードを支払先に指定したペイペイアカウントを使い、

名古屋市千種区の家電量販店からブルーレイレコーダーとノートパソコン

(販売価格計約35万円)をだまし取ったとしている。

 

容疑を認めている。

県警によると、

平山容疑者は「頼まれて商品を買いに行った。雇われていた」などと話しており、

全国で同様の被害が相次いでいることから組織的な犯行とみて調べている。

平山容疑者が使用していた四つのアカウントは同年12月9~11日、

他の家電量販店やコンビニなどで計約1000万円の購入履歴があった。

多くが転売されている可能性があるという。

ペイペイの運営会社によると、昨年12月に開催した「総額100億円還元キャンペーン」で、利用総数のうち0.996%が不正だった。今年1月21日に本人確認を強化し、

今月13日時点での不正利用は0.003%に改善したという。【駒木智一】

 

引用:yahooheadlinenews

 

FNNニュースによると、

クレジットカードは30代男性の情報が盗み取られたそうです。

 

ぺイペイを使った詐欺事件の摘発は全国初ということで、

今後もこのような詐欺の手法は見事に洗い出されてしまうということですね。

クレカを登録すれば簡単決済ができてしまうのですから、

考えてみたら恐ろしいことですよね。

 

現代の若者はみんなこのようなやり方とかインターネットで
調べて、すぐにマスターしてしまいそうですね。

 

事件のあった場所は?

 

 

さて、栃木出身、在住の容疑者のようですが、

事件があったのは、

愛知県千種区の家電量販店です。

 

ペイペイはQRコードをかざさないと支払いができないので、

お店位に赴いたものとみられます。

 

https://goo.gl/maps/VBCuws1AStXweN486




平山貴則とは誰?

 

現在分かっている容疑者についてまとめてみます。

名前:平山貴則

年齢:21

住所:栃木県 那須塩原市 材木町

職業:無職

容疑:ペイペイを使った詐欺容疑

 

 

FacebookなどSNSで顔画像や経歴などを調べてみました。

同姓同名のアカウントが有り、

これかなと思われるアカウントがありました。

 

原因・動機

 

無職であり、

大学生でもないのですが、

 

指示を受けて犯行に及んだそうですね。

 

指示するもっと悪いやつがいるんですね。

 

組織的な犯行とみて調査が続けられているようで、

続報があり次第、追記します。

 

 

調べに対し平山容疑者は、「間違いありません。指示を受けてやった」と容疑を認めているということです。

警察によりますと、平山容疑者は、同様の手口で、愛知県内の家電量販店などでおよそ1000万円をだまし取ったと見られていて、警察は余罪を追及するとともに組織的な犯行と見て捜査しています

引用:https://hicbc.com/news/detail.asp?id=0004A842

 

ペイペイの注意点

 

そもそもペイペイの仕組みとは、

どのようになっていたのかというと、

 

 

 

 

PayPayの仕組みではPayPayで支払いをする際には下記の通りにやっていきます。

コードを表示


店員さんが読み取る

支払いが完了!!

 

つまり、コードをネット上に晒してしまうと、そのコードを使って支払いができてしまうということなるのです。

 

ちなみに一度スクショを公開してしまったら、早急にクレジットカードの設定を解除してお問い合わせをすることを強くオススメします。

自動で支払いがされる設定を解除したら一旦は安心ですが、少しだけ煽る表現をすると「クレジットカードの番号をネット上に晒す」状態に近しいです。

 

 

 

今回報道された事件では、

他人のクレジットカード情報をどこかから盗んできて、

ペイペイ登録に使用したようなので、上記の注意点にはあてはまりませんね。

 

どのようにクレジットカード情報を盗み取ったのか、

ペイペイのアカウント自体を乗っ取ったのかは判明されていません。

 

しかし、

ペイペイというキャッシュレスな仕組みだと、

やはり現金が見えないので、

知らないうちにお金が落ちているかもしれないというのは怖いところですね。

 

 

最後に

続報が有り次第更新したいと思います。

最後までお読みいただき有難うございました!