市原市 園児をかばった保育士の名前は?保育園は?泉水卓のプリウス突っ込む事故

こんにちは、耳寄りねこ情報クラブです。

サイトをご覧いただき有難うございます!

さて 15日午前10時半ごろ、

千葉県市原市

五井中央西梨ノ木公園内に泉水卓容疑社の運転する乗用車が突っ込み、

砂場で遊んでいた保育園児をかばった30代の女性保育士がひかれ、

右足を骨折する重傷を負いました。

保育園児をかばった保育士 は一体誰?リサーチなどをまとめてみたいと思います。

 




事件の詳細は?

 

まずは報道を見てみましょう

 

15日午前10時半ごろ、千葉県市原市五井中央西の梨ノ木公園内に乗用車が突っ込み、砂場で遊んでいた保育園児をかばった30代の女性保育士がひかれ、右足を骨折する重傷を負った。一緒に公園にいた2歳の園児5人と20代女性保育士にけがはなかった。

県警市原署は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で、

車を運転していた自称無職、泉水卓容疑者(65)=同市五井=を現行犯逮捕した。

「ブレーキを踏んだのに車が急発進した」と供述しているという。


同署によると、園児らは近くの保育園に通っており、公園の砂場で遊んでいるところだった。保育士は、砂場で遊んでいた園児を突き飛ばす形でかばったという。
泉水容疑者は近くのコインパーキングに車を止めており、発進する際に公園のフェンスを突き破り、公園内の砂場に向かって突っ込んだとみられる。

引用: 朝日新聞社

アクセルとブレーキの踏み間違いですね。

老人の運転は本当に怖いという世間の印象は

濃くなる一方です。

 

現場の場所は?

事件の場所はどこなのでしょうか?
プリウスが突っ込んだのは、

梨の木公園内で、

地図はこちらです。

歩道ではなく安全であるはずの公園内。
もはや安全地帯なんてないという感じになってきますね。




 

 

保育園児をかばった保育士とは誰?

 

現在保育園児をかばった30代保育士の名前は

公表されていないようでした!

 

しかしこの保育士さんの行動力はスーパーウーマンのようです。

 

きっとドラマの一場面を見ていたような感覚なのではないでしょうか・・

園児らが泣くこともできず、呆然とし、呆気にとられていたといいます。

 

分かっていても、こんなに咄嗟に

すぐにできる行動ではないと思います!!!

 

足首を骨折されているということです。以下の写真で、紺色の服を着ている女性ですね。

亡くなったなどという

もっと酷いことにならず

不幸中の幸いでしたね(涙涙)(T T)

 

 

女性保育士が砂場にいた女児(2)を守ろうととっさに

突き飛ばして守った際に車とぶつかり、

右足の骨が折れる大けがをした

 

しかし、骨折で済んだからこういえるものの、

妊婦さんだったり、当たりどころが悪かったら

先日の滋賀の大惨事のようになっていた可能性も無きにしも非ず。

死者は出ませんでしたが、車の運転の不注意に変わりはないです・・・・。

保育士さん、

1日も早く回復されて、

子供たちと遊べる日が来ますように!

 

保育園はどこ?

 

保育士さんの名前はわからない・・・・
ということで、

周辺の保育園はどこか?

調べてみると、
歩いて行けそうな保育園が2つ。

そのうち近い方が、

・ぶれあ保育園・市原

徒歩3分です。

 

・森の保育園
そして公園から徒歩8分のところにあるのが、
森の保育園です。

そして少し離れた場所にあるのが、

保育園はーもにぃ

こちらも徒歩9分とやや遠い印象ですが、歩いて行けなくもないですね。
しかしもっと近くに上中里公園がありますから、
梨の木公園まで行かないかもしれませんし・・・。

世間の声

 

 

ドライバーは駐車場の料金清算時に駐車券を取り出そうとしたら急発進した。と言っている。
間違いなくドライブに入ったままでポケットに手を入れたが券を取り出すには脚を伸ばさないと取りにくい為脚を伸ばしお尻を上げたらブレーキを踏んでいた脚が伸ばした事にアクセルにズレて券を取り出す為に脚が伸びてるのでアクセルを深く踏み込んだ為に急発進となった!のが真相でしょうね。
しかし、当人は自分は悪くない発言ですねー。
先ずは自分の非を認め言い訳などするべきではないですね。
実るほど頭を垂れる稲穂かな。
真逆ですねー

 

 

 

今回は保育士さんのおかげで助かったようですがもしかしたら保育士さんも園児さんも生死をさまよう可能性があったかもと思うとぞっとします。
保育士さんだってもし妊婦さんだったらとか、当たりどころが悪かったら、と思うと…。
保育士さんありがとう、で済まされる話ではないと思いました。

 

批判覚悟で言いますが

これを美談とせず
この様な事態が起こらない社会が当たり前で
子供達や保護者、保育士の方々が安心して遊べる環境を取り戻す事が重要なのではないかと思います。

懐古主義では無いのですが、自分が子供の頃はもっと自由で、もっと子供や親が自発的に危険を回避して、時には怪我もして、大人に怒られ成長して来たと思い返します

今の高齢者や施設、車に絶対的に原因があるとも言えませんし、ネットワークの発達で情報が広く誰でも知れる様になったからだけで、昔から同じ様な事は起きていたのかもしれませんが

昨今の事件、事故の報道は結果、結論のみを詳細に報道し、そこに至るプロセスが詳細に知らされないまま終わる傾向があると思います
なぜそれに至ったのか、同じ様な事が起きない為には誰が何をしたら良いのか
原因と対処、問題点の改善を国や自治体、個人が一体となって変えていかなければならないと思う

素晴らしい行動だ。怖かったと思いますが、小さな命を体を張って守ってくれてありがとう。早く回復されるようお祈り申し上げます。

 

最近のニュースでも知っていたはずかと思いますが、まさか自分も被害者になるなんて思ってもいなかったのではないでしょうか?

お怪我はされていますが、子供達を守った正義感に脱帽の思いです。

 

素晴らしい行動だね 日頃から園児を守るための気配りと行動を実践していないと瞬時には出来ない行動でまさに模範保育士だ!

 

本来表彰されるべきなのはこういった方では?自分を犠牲にしても咄嗟に子供を守るなんて、中々出来ない。
池袋の犯人の勲章を取り上げてこちらの方に授与して欲しい。

 

本当に素晴らしい保育士さんです。子供の事を第一に考え咄嗟に行動していますね。
常に保育している時から子供達の事を考えているのでしょう。
給与が安い、仕事が多く持ち帰りの仕事をしたり、自分の子供の行事よりも勤務先の行事を優先し自分の子供の運動会や卒業式も参加出来ない等…国はこのような立派な保育士さん達の為にも見合う給与制度を早急に考えて頂きたい。

 

責任感が強い方だから、この前の事故を見て自分達にも起こりうる事だと常に意識されていたんだと思うけど、実際に起こった時にしっかり守るって行動ができ、怪我をされていてもすぐに連絡をと更なる意識の高さに尊敬します。怪我されてトラウマなどもあるかもしれませんが、一刻も早く回復される事を願います。それに比べて、加害者は、勝手にアクセルが、勝手に車がと…もしかしたらかもしれませんが、なかなか皆んな同じような事を言うのですね。起こしてしまった事故に素直に向き合って償ってほしいです。

 

今回は保育士さんの咄嗟の判断で命が助かったが…あまりにもこんな事が続き過ぎるよ。
運転手はブレーキを踏んだらいきなり走ったみたいな供述してるけど、ブレーキ踏んでたら絶対進みません。アクセルかブレーキかさえわからないんだから恐ろしいの一言。
やはり高齢者にはMTのみの免許にすべきだわ。スタートの時、シフトを入れるためにクラッチ切る場合、ブレーキ踏まなきゃならないから急発進しないし、バックの場合はシフトの位置が通常と逆方向だからATみたいに入れ間違いはないし。早急に出来る対処方法を考えなきゃ第2第3の事故が出てきそう。
もうこれ以上、人が悲しむ姿を見たくないです。

 

 

 

保育士です。
この保育士さんは、本当に素晴らしいし、保育士の模範だと思います。
でももし、これで園児が怪我をしていたら、保育士がどうして守らなかった、安全確認は十分だったのか?と責められるんではないと思うと、
園外に出たくなくなるし、
責任がありすぎて、押し潰されそうになります。
そして保護者の要望も増えてきて、いろいろ言われると、本当に辞めたくなります。
かわいい子供たちの為に今は辞めませんが。

 

個人的な感想ね。
この何年間かの事故を見てるとさ、急発進事故ってA/T車が多い。突っ込んだ、立体から落ちた等ね。M/Tが主流だった頃はネット社会じゃなかったから、さほど騒ぎにならないけれど事故はあったと思う。でもこういう急発進事故はA/T化によって生まれた産物だと思うんだ。だってM/T乗ってる年配者って鬼の半クラで急発進しなかったでしょ。つまり、アクセル一つで発進する便利さがこういう事故を生んだんじゃないかと。だから高齢者の免許証返納議論と同時に敢えてM/T車を増やしていく議論も必要なんじゃないのかな。自動運転やAIロボの運転とかが完全普及すれば必要ないかもしれないが、そこにたどり着く迄はまだ必要な気がする。

 

本当にとっさの状況にもかかわらず、素晴らしい対応ができたのは、日頃から園児のことを思い、最良の行動が何かを考え実践していたからできたことだと思います。対応の全てに感動し、感謝し、感激しています。本当に素晴らしいと思います。有り難う!心から感謝します。

最後に

続報が有り次第更新したいと思います。

最後までお読みいただき有難うございました!