小崎まり選手の結婚相手は?43歳の現役ランナー実は〇〇だった!

こんにちは、ミミ猫です(=^・^=)

今週開催予定の東京オリンピック代表選手を決める、

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を懸けた選好レース、

大阪国際女子マラソンに出場予定でしたが、残念ながら腰の故障で欠場となってしまいましたが、

43歳で現役ランナーを続ける小崎まり選手について今回はピックアップしてみたいと思います!

小崎まり選手プロフィール

小崎まり

陸上競技(長距離・マラソン)選手。

1975年7月16日生まれ。

大阪府出身。

身長162cm、46kg

 

43歳になるベテラン選手です!

㈱ノーリツでは、管理本部 広報室 広報・IRグループに所属しておられます。

 

小崎まり選手経歴

 

宇治高等学校(現・立命館宇治高等学校)→大阪短期大学(現・太成学院大学)

→ノーリツ

高校の1年後輩に千葉真子がいる。

2001年エドモントン世界陸上女子10000m代表。結果は19位。

2003年大阪国際女子マラソンで初マラソンに挑戦。2時間23分30秒の好記録で5位に入賞するが、パリ世界陸上の補欠代表に留まった。

2005年大阪国際女子マラソンで日本人最上位の2位。同年ヘルシンキ世界陸上に女子マラソン代表として出場するも、15位に終わる。

2007年大阪国際女子マラソンで原裕美子に次ぐ2位に入り、2大会連続で世界陸上の女子マラソン代表となる。本番の大阪世界陸上では14位に終わった。

国内では結果を出すものの、世界大会では不本意なレースが続いている。

どうして不本意なレースが続いているのでしょうか?

小崎まり選手の結婚相手は?

小崎まり選手の結婚相手について、

調べてみましたが、残念ながらその詳細は公にされていないようです。

 

 

小崎まり選手は実は〇〇!

43歳の現役ランナーの小崎選手。

実は39度の熱がでても走り続けています。

そんな小崎選手が走り続けられるわけは・・・・

結婚、出産を経て現在も育児の真っただ中、長男はランドセルを背負う歳なのです!

ママさんランナーだったのですね!

わが子にありったけの愛を注ぐ今もなお、あくまで現役にこだわり、

国内外の一流選手が集まるマラソン大会で走り続けることをやめようとしないその姿は

多くの人に勇気を与えてくれます。

ずっと第一線で走り続けてきた理由は、

「競技を続けているからこそ、後輩の選手にも伝えられることがある。
過去の話ではなく、今の話を言える人生の方が私は楽しい」

だそうです。

スラムダンクの桜木花道風に言うと、

「オヤジの栄光時代はいつだよ・・・
全日本の時か?オレは・・・オレは今なんだよ!」

ということにでしょうか。

個人的には、「今」や「未来」の話をする人の方が好きです。

小崎選手はこれまでに3度、世界陸上に出場していて、最高位は14位。

メダルこそないものの、「すごい選手だった」と言えるだけの実績は残しています。

それなのに、「過去よりも今の話をしたい」というこの姿勢。

 

人に何かを伝えるときに、口先だけ偉そうな人と、自らの行動で示す人。

どちらが説得力があるかは言うまでもないことですね。

これからも、市民ランナーではなく”競技者”として走り続けてほしいです!

若い選手にとっては、「存在そのものがレジェンド」!!

 

大阪国際女子マラソン2019には欠場の小崎選手の原因は?

しかしながら今回は、そのママさんランナーの走りは見られないようです…

とても残念です。

次回出場の際は、小崎選手、応援しています!早く回復されますように!

最後までお読みいただき有難うございました!