安部京志郎くんの小学校や家族プロフィール!?第二のさかなクン!図鑑の誤りを発見!

こんにちはミミよりネコです!

 

 

 

 

さて、6歳の男の子

安部京志郎くんが、講談社の人気図鑑「move危険生物」に掲載されている

魚の写真の誤りに気付き、
出版社もあたふた・・・・写真を差し替えるとの事態に・・

そんな安部くんはどんな小学生なのでしょうか!?
リサーチなどをまとめてみたいと思います。




図鑑の誤りとは?

 

 

 

6歳の魚博士、図鑑の誤り発見―。

今帰仁村立天底小1年の安部京志郎さん(6)が、

講談社の人気図鑑「move危険生物」に掲載されている「タマカイ」の写真が別の魚であることを発見した。

同属の「カスリハタ」である可能性が高い。

 

タマカイの画像ははこちらで、

 

 

一方の、図鑑に載っていた、カスリハタの画像はこちら

(図鑑に載っているカスリハタとは別の画像です)

 

 

模様の斑点が大きい小さいの、違いがありますね。

 

でも、一見すると同じような魚にも見えます!!!

 

講談社は京志郎さんの指摘を受け、次の版から写真を差し替える予定だ。

琉球大学理学部の立原一憲(かつのり)教授(魚類学)は

「専門家なら見分けられるが、6歳で違いに気付けるのはすごい」と舌を巻いた。

 

 

図鑑は17万部を発行した人気シリーズ。講談社によると、問題の写真はフォトエージェントから「タマカイ」として提供を受け、掲載したという。初版から3年たつが、撮影者も編集者も読者も間違いに気付いていなかったという。

京志郎さんは体の色や斑点の特徴などから写真の魚がカスリハタだと気付いていたが、

最近カタカナが読めるようになり、図鑑で「タマカイ」と紹介されていることが分かった。

 

母親のあかりさん(35)に「これはカスリハタだ!」と伝え、

あかりさんが講談社に連絡した。

講談社の編集者は「研究者がつくる図鑑で間違いを発見できたことはすごい」と、

京志郎さんの発見をたたえたという。

 

引用:琉球新聞

 

 

安部京志郎くんプロフィール!

 

名前:安部京志郎

 

小学校は今帰仁村立天底小で、現在1年生。

沖縄県国頭郡今帰仁村にお住まいです。

 

家族

 

母親はあかりさんで、35歳です。

講談社に安部くんが間違いを発見したことを連絡しました。

 

さかなクンもライバル視?!

 

将来さかなクン(=現在43歳)を超える研究者になりたいと

明言している安部京志郎くん!!

バラエティや学会などで共演をしてくれたら

嬉しいですよね!

 

 

しかし さかなクンを 超える!

とは挑発的!w

 

 

みんなの声

 

将来はさかなくんのように豊富な知識を活かして活躍してほしいですね!

記事がちゃんと「さん付け」で、小さな博士に敬意が感じられるのがいい。

 

カタカナを読めるようになる前から気付いていた、というのが凄い。実際には3歳や4歳で分かっていたかも知れないんでしょ?将来が楽しみだなぁ。

 

笑顔もいい。好きなことをわかってあげて思いきり考えることができるように支えている親御さんももいい。これからが楽しみだなと思った。

 

6歳のお子さんが魚博士になるぐらいの知識を習得するには、この子の才能や個性もあるでしょうが、まわりのサポートもあっての事だと思います。お子さんも勿論凄いけど、親御さんも凄いなと思います。将来、どのような道を歩むかはわかりませんが、楽しみなお子さんですね。

 

「専門家なら見分けられるが、6歳で違いに気付けるのはすごい」

専門家が出した本で3年間誰も気付かなかったんだから、並の専門家よりも凄いんじゃ。。。。

 

本人の意識がすごいのはもちろんだけど、親御さんの教育もすばらしいんだろうな。これからの学校生活も充実することでしょう。
かたや、宿題忘れて先生に怒られ、宿題するのが嫌だと不登校になった子供がユーチューバーに…。子供は親を選べないとよく言うけれど、家庭での教育って本当に大切ですね。

 

図鑑の間違いに気づくのもすごいですが、それ以前に図鑑は正しいという先入観があった。

 

間違いを認める出版社が相手で良かったと言える。これが朝日新聞だったら、電話をかけた時点で門前払いされる。かつて西洋史関係の記述に間違いがあって予備校の世界史講師が、その部分について適切ではないのではないかと、かなり下手に出て指摘する電話をかけたが、けんもほろろに弊社の記述に誤りはないの一点張りだったという。この数年後に朝日新聞は珊瑚捏造記事事件を起こしている。

 

>専門家なら見分けられるが

気になるな
この図鑑は、専門家の監修を受けていないのか?

しかしそのあとに記事にはこうある
>講談社の編集者は「研究者がつくる図鑑で間違いを発見できたことはすごい」

講談社よ・・・
研究者で作ってないのでは?
ただただ、チェック不足と謝るべきと思うが?

京志郎くんがすごい事には
なんの疑念の余地はない

最後に

 

好きで魚の名前を覚えていたということですが、

カタカナを習得直後に、

図鑑の中でその間違いに気づいたというのは、

物凄い秀才ですね・・・。

図鑑は絵が多いとはいえ、

6歳の子には物凄い情報量だとは思います。

でも、本当に本当にお魚ラブなのですね!!

これからもいい方向に伸びていってほしいです!

最後までお読みいただき有難うございました!