天牛堺書店が破産したって本当?!どんな本屋だったのか?

こんにちはミミより(=^・^=)です!

さて、天牛堺書店の倒産(破産申請)の報道がありましたね。

今回は、そのニュースや、社長は誰か?本名や経歴は?
ということについて
についてみていきたいと思います。

天牛堺書店とは?

1月28日付で大阪地裁堺支部へ自己破産を申請し
同支部より破産手続き開始決定を受けました。

・オープン:第二次大戦後の高度経済成長の真っ只中だった、1963年(昭和38年)12月1日
・第1号店:国鉄(現:JR西日本)「津久野駅」の駅前「津久野店」
・商号:『株式会社天牛堺書店』1968年(昭和43年)7月16日・株式の上場こそ行なっていないが、大手に負けない幅広い書籍や雑誌の品揃えに力を入れていた。
・そうした中、古書販売も手がけ、既に絶版になった出版物を求める客からの需要にも応えられるよう努めることで、大手との差別化を図った。
・また、書籍や雑誌のみならず、CD、DVD、文具なども取り扱った。
・発祥の地である堺市をはじめ、大阪市、高石市で店舗を展開。かつては和泉市、泉佐野市、河内長野市にも出店した。Wikipediaより




天牛堺書店の社長は?SNSや経歴は?

天牛堺書店株式会社代表は藤吉信彦氏という事が分かっています。

社長のsnsや経歴等を探してみましたが、公表はされていないようです。戦後から経営されている書店ですので2代目の社長さんでいらっしゃったのでしょうか・・・。

藤吉信彦氏と特定できるSNSは見当たりませんでした。

同姓同名のこれかなと思われるアカウントが有りましたが特定出来次第、こちらで更新していきます。




ネットの反応は

最後に

いかがでしたでしょうか。

大阪市民に親しまれていた書店だというだけに、残念ですね。

今はタブレットで、そしてお手軽に本が読めてしまう時代ですが、

本屋さんを散歩して、自分の興味の赴くまま歩くことができる、

本屋散歩
をされていた方も多かったのではないでしょうか?

何か本屋がこれ以上減らないよう、対策が取られてほしいものです.

最後までお読みいただき有難うございました!