大相撲夏場所の千秋楽でトランプ大統領はどこの席で観戦?特注スリッパとは?

こんにちは、耳寄りねこ情報クラブです。

サイトをご覧いただき有難うございます!

5月に、
国賓として来日するトランプ米大統領

5月26日に大相撲夏場所千秋楽(両国国技館)を観戦し、
優勝力士に「米国大統領杯」を贈呈することが明らかになりました。

来日中に行う日米首脳会談に関し「日米同盟の結束を確認し、世界に発信したい」とも語っています。

トランプ大統領は新元号最初の国賓として迎えられるとのことです。

その際他のイベントには、

新天皇陛下との会見や、海上自衛隊のいずも型護衛艦「かが」に乗艦、

 

安倍晋三内閣総理大臣とのゴルフも予定されています。

大相撲観戦を楽しみにしているトランプ氏。

外国元首による総理大臣杯の授与は極めて異例です。

土俵には安倍晋三首相とともに上がるとみられます。一体全体何の狙いがあるのでしょうか?!

 




トランプ氏が現れる大相撲夏場所の千秋楽はいつ?

 

まずトランプ氏が現れる大相撲夏場所の千秋楽

東京国技館にて

526日で、

この日はトランプ氏の令和初日本訪問の初日だそうです。

この日は優勝力士の表彰や

パレードも実施される日で、

新元号になって最初の本場所ということで

注目度も高くなるでしょう。

トランプ氏はどこで観戦?

 

トランプ氏はどこで観戦するのでしょうか?

 

どこで座って観戦するのかについては、

SPの人たちも警護でまわりにいますし、

物々しいので、

要人が来ればいつも埋まる席、

貴賓席ではないかと言われていましたが

 

升席!

と大統領自らが熱望したようです。

メラニア夫人も同席です。

 

 

 

トランプ米大統領が26日に東京・両国国技館で大相撲夏場所の千秋楽を観戦する際、

2階の貴賓席ではなく、土俵近くの升席に陣取ることが固まった。

安倍晋三首相の提案を米側が受け入れた。

首相は格闘技好きのトランプ氏に間近で国技を堪能してもらい、関係強化につなげたい考えだ。

 

トランプ氏は25~28日、令和初の国賓として来日。

27日の天皇、皇后両陛下との会見や日米首脳会談に先立って、

26日に千葉県内で首相とゴルフを楽しむ。

ラウンド後、首相とともに国技館に移り、

メラニア夫人を交えて千秋楽の「結びの一番」などを観戦する予定だ。

トランプ氏らの座席をめぐっては、

警備のしやすさから皇族や外国賓客が通常使う貴賓席にすべきだとの声もあった。

 

しかし、日米関係筋によると、首相が「前の方が迫力がある」と勧めると、

トランプ氏は升席からの観戦を熱望。

米政府当局者らも最終的に了承したという。

引用:https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052000810&g=pol

 

 

升席とは?

 

土俵に一番近い席ですネ。

あのNHKに夕方映し出される、

まったりとした相撲中継で、

力士たちの戦う土俵の後ろに、

トランプ氏が映り込むのですね・・・w

 

なかなか迫力がありそうです。

 




警備に角界もぴりぴり!?

 

国技館のキャパシティは11000人です。

幕内力士の取り組みでは、この会場が簡単に満席になってしまいます。

全員の持ち物検査などはできないため、

どんな人物が紛れ込むかもわかりませんので、

警備にあたる角界もピリピリしているという報道がされています。

令和初の国賓として25~28日に来日するトランプ米大統領夫妻の大相撲夏場所観戦をめぐり、大統領を警護するシークレットサービス(米大統領警護隊、SS)が15日、両国国技館(東京都墨田区)を視察したことが関係者への取材で分かった。日本の警察当局と協議して座席を決めるほか、トランプ氏が希望する土俵上での表彰の実現に向けて課題を洗い出し、警備態勢を構築するとみられる。

複数の関係者によると、視察には警護隊のほか外務省や警察庁などの担当者が参加。同日の取組が終了し、観客が会場を離れた後に、日本相撲協会側から説明を受けながら館内の構造や設備、トラブル発生時の避難経路などを確認した。

トランプ氏は夏場所千秋楽の26日、終盤の取組を安倍晋三首相と観戦。取組終了後は土俵に上がって優勝力士を直接表彰したい意向を示している。座席位置は天覧相撲などに使用される2階の貴賓席か、土俵に近い1階のマス席などが挙がっており、マス席ではいすの設置も検討されている。

警護隊と日本の警察当局は視察結果を踏まえ、週明けにも座席位置などを決定。横綱が敗れた際などに飛び交う座布団の扱いや、危険物となり得る瓶での酒類の提供についても協議される可能性がある。

千秋楽当日は1、2階の座席に警備要員が点在配置される見通し。日本相撲協会などもトランプ氏の座席決定に合わせ、周辺の座席や土俵直近の溜(たまり)席の来場者らについて把握を進めるとみられる。

座布団が舞えばトランプ大統領にあたる可能性もあります・・・。

これは一大事ですね。

特注スリッパ?特大スリッパ?

 

アメリカのトランプ大統領が、
大相撲夏場所の千秋楽を観戦する際に、

特注のスリッパを履いて土俵に上がることがわかっっています。

 

トランプ大統領は、来日翌日の26日に両国国技館で大相撲を観戦し、
優勝力士に“トランプ杯”を手渡す予定。

その際、はだしではなく、特注のスリッパを履いて土俵に上がることがわかった。
政府は現在、スリッパの素材などの検討を進めている。

 

 

最後に

 

日米国交の友情をアピールしたいところの安倍首相ですね。

 

警備上の裏方さんたちが大変そうです。

 

続報が有り次第更新したいと思います。

最後までお読みいただき有難うございました!