大津市国道で事故!菅宏史と地方公務員のfacebook顔画像は?加害はどちらか?小学生死亡、けが人多数の詳細は?

こんにちは、耳寄りねこ情報クラブです。

サイトをご覧いただき有難うございます!

さて,
5月5日午前0時50分ごろ、大津市北比良の先にある国道161号で、

菅宏史さんと地方公務員の車同士がぶつかり、

それぞれの車に乗っていた同乗者が

死亡や怪我をするなど

痛ましい事故が起こっています。

一体どんな様子だったのでしょうか?
リサーチなどをまとめてみたいと思います。

 




事件の詳細は?

 

まずは報道を見てみましょう
5月5日の記事です

 

京都市伏見区、

会社員菅宏史さん(39)の乗用車と、

対向してきた富山県砺波市の地方公務員の男性(45)のワゴン車が衝突した。

ワゴン車に同乗していた男子小学生(9)が病院に搬送され、

死亡が確認された。死因は脳挫傷。

大津北署によると、菅さんと地方公務員の男性が顔を切るなどのけが、

ワゴン車に同乗の44歳と15歳の女性が胸部打撲などのけがをした。

現場は片側1車線の計2車線で、ほぼ直線。同署が事故の原因を調べている。

引用: 共同

 

報道を見る所、

車に乗っていた全員が怪我を負ったりしています。

ワゴン車に乗っていた小学生の男の子は特に

打ち所が悪く、死亡に至ってしまったのですね。




菅宏史とは誰?

 

現在唯一この事故で名前が報道されている、

菅宏史さん

分かっている情報についてまとめてみます。

名前:菅宏史

年齢:39

住所:京都市伏見区

職業:会社員

 

 

Facebookなどで顔画像など調べてみた所、

アカウントが削除されていました。

報道がされ判明し次第、こちらでも更新していきます。

 

菅宏史さん運転の車は

 

 

会社員菅宏史さん(39)は、

乗用車を運転していました。

このかたも怪我を負っています。

同乗者がいたかどうかは情報がありませんので、

1人で乗っていたのかもしれません。

 




ワゴン車に乗っていたのは誰?

 

この事故で対抗して衝突したと報じられている

ワゴン車に乗っていた45歳の地方公務員の方については

どうなんでしょうか?

 

分かっている情報についてまとめてみます。

 

 

男性の名前は不明

年齢:45

住所:富山県砺波市

職業:地方公務員

 

 

ワゴン車に同乗していた男子小学生(9)が病院に搬送され、脳挫傷により、

死亡が確認されており、

 

この地方公務員の男性が顔を切るなどのけがをし、

 

ワゴン車に同乗の44歳と15歳の女性が胸部打撲などのけがをしています。

 

年齢からして、亡くなった男の子は息子、

44歳と15歳の女性は妻(母親)と娘なのではないでしょうか。

 

 

事故の原因

事故の原因は、

はっきりとしたことは現在調査中だそうなのです。

少し、待ちましょう。

現場は片側1車線の計2車線で、ほぼ直線だということです。

対抗して衝突したワゴン車という表現が気になりますが、

今の所まだどちらが加害なのかは確定していない模様ですね。




事件のあった場所は?

 

大津市北比良の先にある国道161号で、

現場は片側1車線の計2車線で、ほぼ直線と表現されています。

 

わぁ、正面衝突いつあってもおかしくなさそうな道路ですね・・!

世間の声

 

 

 

 

最後に

 

 

ゴールデンウィーク中は

 

とても危険な運転をするような

 

ドライバーが増えているそうですね。

 

まだまだ気が抜けませんぞ。

 

 

犯行動機、容疑者については続報が有り次第更新したいと思います。

最後までお読みいただき有難うございました!