原田菜緒さん(バレリーナ)プロフィール経歴!出身バレエ教室や生い立ちは?ユースアメリカグランプリでトップ12入り!

こんにちはミミよりネコです!

さて米国で4月に開かれた世界最大のバレエコンクール「ユースアメリカグランプリ

のシニア部門本選で、日本人として唯一トップ12に入った、

現在ヨーロッパに留学中の原田菜緒さん!

プロへの登竜門と言われる大会での活躍が目に留まり、

フィンランドのバレエ団への入団も決定しました!

 

コンクールは4月中旬にニューヨークで開催。
世界のバレエ団のスカウトの視線が注がれる中、コンテンポラリー(現代バレエ)では
スペインの振付師ナチョ・デュアトさんの曲を使用。
クラシック(古典バレエ)では「パキータ」で勝負した。
「コンテンポラリーでは感情を込め、笑顔だけでなく悲しみや怒りも表現した」

結果が伝えられたのは先月19日。真っ先に小城市の父雄一さんに電話し、祝福を受けた。米国とフィンランドのバレエ団から入団の誘いがあり、フィンランドを選んだという。

引用: 西日本新聞社
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00010011-nishinpc-soci

 

 




 

原田菜緒さんプロフィールは?

・名前:原田菜緒
・年齢:20
・出身地:長崎市、育ちは佐賀県小城市
・出身校:オランダの「ヨーロピアン・スクール・オブ・バレット」

写真引用は原田さんのインスタグラムより

 

 

経歴:


・7歳で佐賀市内のバレエ教室に通い始め、

・中学からは福岡市内の倉田陽子さん(36)=佐賀市出身=のスタジオに移り、
世界の舞台を目指すようになった。

・15歳でドイツに留学し、ジョン・クランコバレエ学校を卒業。

・オランダの「ヨーロピアン・スクール・オブ・バレット」で週6日、午前10時から午後6時まで練習に励み、実力を磨いた。  

 

原田菜緒さんインスタグラムが可愛い!

 

 

View this post on Instagram

 

Where is my 🍫…? #😜 #yagp2019 #yagpfinals #chocolate #tutu #ballet #pointeshoes #chacott #freed @cloudandvictory

Nao Harada(原田菜緒)さん(@b_na70)がシェアした投稿 –




原田菜緒さんの家族は?

 

外国で、一人、バレリーナとして15歳から留学している原田さんのご家族は日本にお住まいです。

 

父親は、原田雄一さん。育った町の小城市にお住まいです。

母親は、14歳のとき亡くなっているそうです。母への思いを胸にバレエも頑張ってこれたようですね。

「先生方がお母さん代わりになってくれた。最近、お母さんに似てきたねとも言われます」

 

兄弟については、また情報が有り次第、こちらで更新していきます(*´▽`*)

 

 

原田菜緒さんの所属学校




原田菜緒さんの評価

 

原田菜緒さんは、

米国で4月に開かれた世界最大のバレエコンクール「ユースアメリカグランプリ」のシニア部門本選で、
日本人として唯一トップ12に入りました。
このバレエコンクール「ユースアメリカグランプリ」は、

プロへの登竜門と言われる大会です。

 

フィンランドのバレエ団への入団も決定。

バレエ団は、フィンランド国立バレエ団です。

みんなの声

 


 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。
これからもどんどん伸びていく20歳。

手足がはるかに日本人よりも長い外国人勢の中で入賞に食い込むことは並大抵のことではありません。
これから世に出る優秀なバレエダンサーがまた誕生です。おめでとうございます!

最後までお読みいただき有難うございました!