加藤紘貴(山形大人文社会科学部)facebook顔画像?矢口眼科医殺人犯の動機は?なぜ一ヶ月かかった?

こんにちは、耳寄りねこ情報クラブです。

サイトをご覧いただき有難うございます!

さて村山市楯岡新町で「矢口眼科クリニック」を

開業する眼科医の矢口智恵美さんが殺害された事件の報道で

今回、矢口智恵美さんを殺害したとみられる男が事件から
約1ヶ月後の6月12日に逮捕されました。

逮捕された加藤紘貴とはどんな人物だったのでしょうか?

動機や周囲の人物とは?

 




事件の詳細は?

 

山形県東根市の眼科女医が殺害された事件で、
逮捕された

山形大の大学4年、加藤紘貴容疑者(23)が

事件を否認しているようです。

被害者と容疑者に何も接点がないということが
報道されており、
動機がなかなか解明されないままですが・・・

ドアに施錠がされていなかった部屋が偶然にも矢口さんの部屋だったのでしょうか。

 

 

 山形県東根市の医師矢口智恵美さん(50)が

自宅マンションで殺害された事件で、

殺人などの疑いで逮捕された山形大4年加藤紘貴容疑者(23)が「覚えていない」と否認していることが

14日、捜査関係者への取材で分かった。矢口さんの部屋に鍵が掛かっていなかったことも判明した。

マンション2階にある矢口さんの部屋に加藤容疑者とみられる不審者が事件当日、3回出入りする様子のほか、

2階の他の部屋や3階の部屋の前に立ち止まる様子が近くの防犯カメラに写っていた。

2人の間に面識は確認されておらず、たまたま無施錠だった部屋に侵入した可能性がある。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-00000094-kyodonews-soci

 

 

2019年6月14日送検される加藤容疑者。

 

 

山形県東根市の眼科医、矢口智恵美さん(50)が

自宅マンションで殺害された事件で、県警は12日、山形市東原町、山形大生、加藤紘貴容疑者(23)を殺人と

住居侵入の疑いで逮捕した。同大によると、加藤容疑者は人文社会科学部4年。

引用:毎日新聞

 

この事件は、遡ること
約一ヶ月前の事件で、

防犯カメラにも男が

矢口さんの自宅に出入りする様子が映っていたことから、
犯人逮捕は時間の問題かと言われていました。

 

先月、山形県東根市のマンションで、女性医師が殺害された事件。

捜査関係者によると、殺人の疑いで逮捕されたのは、山形大学の20代の学生の男。

この事件は先月(2019年5月)19日、山形県東根市のマンションの一室で、

住人の眼科医・矢口智恵美さん(50)が頭を殴られ、殺害されているのが見つかったもの。現場からは凶器とみられるゴルフのパターが見つかっていた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190612-00000155-nnn-soci

 

 

 

事件の詳細についてはこちらの記事をチェック

被害者の矢口さんについてはこちらの記事をチェック

犯行の詳細についてはこちらの記事をチェック

 

 

事件のあった場所は?

 

 

矢口智恵美さんが殺害された自宅から職場の地図は
こちらです。

矢口さんが亡くなる前日まで勤務していた

クリニックの場所と自宅までの道を見てみましょう

地図はこちらです。

 

 

 

被害者の矢口さんの勤めていた病院は
こちらです。




加藤紘貴とは誰?

 

現在分かっている容疑者についてまとめてみます。

 

名前:加藤紘貴

年齢:23

 

住所:山形県山形市東原町1丁目

 

職業:山形大学 大学生山形大生

人文社会科学部4年

 

 

FacebookなどSNSで顔画像や経歴などを調べてみました。

同姓同名のアカウントが有り、

これかなと思われるアカウントがありましたが、

特定の決め手となる情報は載っていませんでした。

 

原因・動機

 

警察は、この事件に対して

12日午後1時から記者会見をするそうですが、

その時に加藤紘貴容疑者の動機や顔など

ついても公表されるかもしれません。

 

なぜ逮捕まで一ヶ月かかった?

 

これまでの捜査では、

矢口さんと大学生の男との間に接点はなかったとみられていて、

事件直後は、警察は関係者から調べていくとの報道でした。

 

全く接点のない人物だったので、

捜査に時間がかかったのですね。

 

警察は、この事件に対して

 

12日午後1時から記者会見をするそうですので、

 

また公表された事実を追記していくことにします。

 

 

逮捕後は

 

 

警察は、「証拠隠滅」「逃亡」をさせないために、

容疑者として逮捕し、

 

48時間以内に取り調べて、釈放か検察へ送るかが決まるそうです。

 

一般的にみて、
今回は、殺人事件なので、100%送検され起訴されるでしょう。

殺人罪は刑法199条です。

法定刑は、死刑または無期懲役もしくは、5年以上の懲役です。


出典:https://saygee.org/system-criminal/

 

世間の声

 

山形県警すごい!事件究明に向けて頑張ってください。

 

山形県警よくやったと思う。
動機が気になると思う。
防カメ映像に怪しい人物が映っていたようだが、
改めて防カメの重要性を感じたと思う。
どういうルートで発見し特定に至ったのだろうか。
日本警察の追跡班はうまく機能してると思う。

 

弟さんでも理事長でもなかったな。

 

捕まって良かった。
縁も所縁もない人から、ある日突然命を奪われるなんて…
痛ましい…。

 

プライバシーの問題もあるかもしれんが、防犯カメラ様様だな。これでは街では悪いことはできないだろう。

 

今は防犯カメラがあるから逃走しても追跡できるんだね、捕まってよかった

 

防犯カメラあっての逮捕。
でも 女性で一人暮らしの方は、不安だろうな

 

殺害の目的を知りたいです。
殺すつもりなら、そこにあったパターなんて絶対使わないし、凶器を持参すると思うし。

怨恨ではなく、もし乱暴や窃盗目的での侵入なら、どこの家庭でもターゲットになる。
ご近所さんは、今回の逮捕ほっとした事でしょうね。

 

防犯カメラがある世の中で良かった。
犯罪が起こっても犯人が捕まえられるように、
どんどん付けて欲しいと思う。

 

被害者の無念を晴らすためにも、
県警の方々には頑張って欲しいです。

 

 

 

最後に

 

最後までお読みいただき有難うございました!

続報が有り次第更新したいと思います。

 

事件の詳細についてはこちらの記事をチェック

被害者の矢口さんについてはこちらの記事をチェック

犯行の詳細についてはこちらの記事をチェック

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA