加藤孝英 郡山地方広域消防本部 facebook顔画像!盗撮は山火事の最中!供述のコメントは?

こんにちは、耳寄りねこ情報クラブです。

サイトをご覧いただき有難うございます!

さて4月9日午後2時半ごろ~10日午前9時半ごろの間、

消防職員の男が勤務先である郡山地方広域 消防本部女子トイレに盗撮目的で侵入して

小型カメラを取り付けたとして逮捕されるとんでもない事件がありました。

逮捕された加藤孝英 とはどんな人物?
リサーチをまとめました。

 




事件の詳細は?

 

まずは報道を見てみましょう

 

福島県警郡山署は7日、
郡山市安積町成田、郡山地方広域消防本部総務課職員、加藤孝英容疑者(30)を県迷惑防止条例違反(盗撮)などの疑いで逮捕した
逮捕容疑は4月9日午後2時半ごろ~10日午前9時半ごろの間、勤務先である同市堂前町の同消防本部女子トイレに盗撮目的で侵入して小型カメラを取り付けたとしている。女性職員がカメラに気がつき、被害届を受けた郡山署が捜査していた。
同消防本部によると加藤容疑者は「魔がさした。大変申し訳ない」などと話しており、事実確認などを行ったうえで処分する。
引用:毎日新聞

 

何時犯行に及んでいたかと言うと・・・
なんと、
山火事が起こっている最中で、
他の消防隊員が消火活動に当たっている最中でした。

FNNニュースによれば以下のように詳細が報道されています。

 

 

4月、福島・郡山市で起きた山火事は、丸1日以上燃え続け、夜を徹しての警戒が行われた。

逮捕された消防職員の男は、そのさなかに女性用トイレに盗撮用のカメラを仕掛けたとみられている。

逮捕されたのは、郡山消防本部の職員・加藤孝英容疑者(30)。

警察によると、加藤容疑者は4月9日から10日にかけて、消防署の女性用トイレに小型カメラを設置して、盗撮しようとした疑いが持たれている。

この時、郡山市田村町では大規模な山火事が発生し、

署員が総出で消火活動にあたっていて、加藤容疑者も深夜まで庁舎内で物資の補給などにあたっていたという。

4月26日に、加藤容疑者は上司に対して、
「あの件はわたしです。申し訳ありませんでした」と名乗り出ていた。
郡山消防本部では、捜査の進展を待って、厳正に対処するとしている。

引用:FNNニュース

 

報道によると、加藤容疑者は、
盗撮カメラを取りつけたことを自分から白状したようですね。

 

事件のあった場所は?

 

今回事件のあった場所についてみていきましょう。


 

 

 




加藤孝英とは誰?

 

現在分かっている容疑者についてまとめてみます。

名前:加藤孝英

年齢:30

住所:未公表

職業:消防職員

勤務先:郡山地方広域消防本部総務課

 

 

FacebookなどSNSで顔画像や経歴などを調べてみました。

同姓同名のアカウントが有り、

これかなと思われるアカウントがありましたが、

特定の決め手となる情報は載っていませんでした。

参考までに、検索結果はこちらです。

犯行動機

 

郡山市田村町では大規模な山火事が発生して、
署員が総出で消火活動にあたっていました。

加藤容疑者も深夜まで庁舎内で物資の補給などにあたっていたそうですね。

そんな最中、

「魔がさした。大変申し訳ない」

と話しています。

火事が起きていても、もはやいつものことだと、危機感が感じられなかったのでしょう。

一般人にしてみたら、大ごとの火事でも、

消防職員にしてみると、仕事にやりがいを感じられないこのような容疑者にとっては、

一大事ではなくなってしまったのかもしれません。

 




 

 

最後に

この容疑者は、事情を聞いてから処分が決定されるそうですが、

女性職員も消防にはお勤めの方がいらっしゃるので、

職場復帰は難しそうです。

犯行動機、容疑者については続報が有り次第更新したいと思います。

最後までお読みいただき有難うございました!