バンクシーの正体 ロバートデルナジャ!経歴や顔画像も判明!ミュージシャンでもあるこの人!

こんにちは、耳寄りねこ情報クラブです。

サイトをご覧いただき有難うございます!

さて平和のメッセージを発信する絵画で何かと世界中をお騒がせし、その正体が未だ不明のBanksy。
そんなバンクシー正体は誰なのかやはり気になります。
この人なのでは!という情報、名前顔画像まで判明していますので詳細リサーチなどをまとめてみたいと思います。

 




最近のバンクシーは?2019年4月

 

最近の日本でのバンクシーに関する情報を見てみましょう

 

東京都が保管している絵の一般公開があり、ニュースになっています。

 

25日に都庁で公開されたのは、傘をさしたネズミが空を見上げるようなポーズをとっている絵。

 

本人に確認は取れていないので、本当にバンクシーの絵なのかは不明だそうですw

 

世界的な覆面アーティスト、バンクシーの作品である可能性が指摘され、東京都が保管している絵の一般公開が始まった。

東京都・小池百合子知事は「このネズミを公開することといたしました。そうですね。かわいいです」と語った。

都は、バンクシー側から本人の作品であることの確認はとれていないものの、都民から鑑賞の要望が寄せられたのを受けて、公開することになった。

東京・港区の防潮扉に書かれていたこの絵は、2019年1月に都が撤去、保管していた。

一般公開は、都庁第一庁舎2階で5月8日まで行われる。

 

引用:FNN

 

 

絵を見た人の反応は?

「ぜひとも本物であっていただきたい。そう願って見に来ました」、

 

 

「(見た)瞬間は感動して『あっ小さいんだ』と」

 




バンクシーの正体とは?

 

何を持ってバンクシーの絵だとするのか、

もはや申し分ない知名度で、一枚数億円単位の価値が付けられる

「バンクシー」の絵画。

 

これまでのバンクシーの正体についての、様々な噂によると、

 

・バンクシーは1人ではない

・複数のメンバーからなるアーティスト集団である。

(wikipediaによると 7人組のアーティストチーム。

大作を短時間で仕上げた事例などから複数人ではないかとの説)

・バンクシーは女性である

・イギリスのロンドンを中心に活動する覆面芸術家。

絵の特徴は、

・世界各地でゲリラ的に社会風刺的グラフィティアートやストリートアート

 

どの噂も憶測の域を出ず、彼の正体に誰も辿りつけないまま、疑惑はいつまでも疑惑のままでした。




バンクシーの顔画像!

 

そんな中、バンクシーのinstagrammに投稿された壁画と、
観光客がその壁画を作成している様子を偶然撮影したものの壁画が一致し、

 

この人だというかなり高確率での本人像が浮かび上がってきました。

 

View this post on Instagram

 

Bethlehem 2017. #peaceonearth

Banksyさん(@banksy)がシェアした投稿 –


こちらがバンクシーの投稿した絵です。

↓こちらは観光客が偶然撮った絵を描いてた人=バンクシー?!

なぜ気付けたのかというと、
これがバンクシーのオフィシャルサイトで公開していた最新作のアートで、

撮影当時は彼がバンクシーだということには気づいておらず、

「無名のアーティストがグラフィティアートを描きに来たと思い、撮影した」

そうですが、その後、彼は偶然にもバンクシーのサイトを訪問したところ・・・・・

サイトトップに撮影したものと同じ作品を見つけ、
その時初めて、
作品を描き終えたばかりのバンクシーらしき人物の姿を撮影していたことに気づいたそうです!

 

この男性を激写したのは、作品が描かれたベツレヘムに観光で訪れていた1人のイギリス人男性。

 

 

 

バンクシーの名前はロバート・デル・ナジャ!

 

ロバート・デル・ナジャって誰?

なぜ、この人の名前が浮かび上がっているのかというと・・!

彼はイギリス・ブリストル出身の音楽ユニット、

マッシヴアタック(Massive Attack)のメンバーで、
3Dという名前で活動
しているのですが、

ロバートのいる場所にバンクシーが現れているんだそうです。

バンクシーが作品を残していく場所に規則性はないように思われていましたが、

彼の作品の出現場所・時期と、過去のマッシヴアタックのツアー開催地・期間が重なっていることがわかったと言われています。

つまり、マッシヴアタックがコンサートを開催すると、その前後の期間に会場近くでバンクシーの作品が出現している、というわけです!

Massive Attack という名前も風刺じみていてますますバンクシーを匂わせますね・・・。

そして更にロバートがバンクシーだと思われる理由があります。

それは!

ロバートはグラフィティアーティストとして活動していた時期もあり、

撮影された写真の男性と背格好や面影、印象が似ているのだそうです。

 

それで、
「ロバートがバンクシーの正体では!?」と噂されてしまうのです。

アトリエでのロバート  引用:thisisgallery.com

 

ロバートがバンクシーの映画に出演したり、ロバートの出版本にバンクシーが序文を寄せたりと、
お互いの作品に参加していることもあるそうです。

 

そして、決定的にロバートがバンクシーだと思われる理由は・・・!

Goldieというアーティストのうっかり発言

 

Goldieとは、1980年代にグラフィティアーティストとして世界に名を馳せ、現在は音楽シーンで活躍を続けるミュージシャン。

バンクシーの正体について、うっかり彼の名前を呼んでしまったのは、

彼があるポッドキャストに出演した際のことでした。

バンクシーの今までの活動や、世界への躍進・影響が話題にのぼった時、

トークに夢中になったGoldieが、バンクシーのことを“Robert”と呼んでしまったことでした。

 

彼が口にしたのは“Robert”というファーストネームだけだったそうですので、

それだけでバンクシーがロバート、ロバートってどのロバートよ、

となるので、誰なのかを特定することはできませんが、

音楽仲間でグラフィックアーティスト仲間であれば、

「バンクシーの正体はマッシヴアタックのロバートである」という事実をGoldieが知っていてもおかしくないですよね。

Goldieのこの発言によって、一度は落ち着いていたバンクシー=ロバート説は再燃。

「ロバートがバンクシーに違いない!」との話は、今後も信じられることが多くなっていくでしょうね・・・

 

ロバートは

もちろん、この噂のことは否定していますが・・・・

 

最後までお読みいただき有難うございました!