ドイツ語技能検定試験(独検)とゲーテ・インスティテュートのテストの違いは?

こんにちはミミよりねこです(=^・^=)

今回は、

日本でポピュラーな2種類のドイツ語試験

ドイツ語技能検定試験(独検)

とゲーテ・インスティテュートのテストの違いについて解説していきます。

ドイツ語を学ばれている皆さんの中で

どちらを受けたら良いの?という迷いがあると思います。

ドイツ語技能検定試験(独検)とは?

日本でドイツ語の試験といえばよく知られているのがこちら、

いわゆる、ドッケンです

●ドイツ名:Diplom Deutsch in Japan

●1992年「財団法人ドイツ語学文学振興会(当時)」主催により発足

●5級1級まであり、年齢関係なく受験できる

●独検は日本の団体が主催している唯一のドイツ語検定試験

●こんなことに有利:

ドイツ語検定を単位認定制度を取り入れている大学や、編入学の資格認定の条件、

入学試験の優遇措置などの対象にしている大学など、

独検の資格があると有利に働くことがあります。

ゲーテ・インスティテュートのドイツ語検定

そもそも、ゲーテ・インスティテュート(Goethe Instut )とは?

●ドイツ外務省を窓口としてドイツ連保共和国から

ドイツ語の促進という課題を任せられた組織である。

●日本では、大阪、京都、東京に学校があり、ドイツ人ネイティブ講師が質の高い

コースを提供

●世界中にインスティテュートがある

●ドイツ国内にもあり、留学生が滞在できる、寮を設備。1か月間の集中コース(半日制)もあり、語学留学に来る人でにぎわう。ピアノが置いてあるところもあるので音楽留学をしたい人は練習もできる。

Goethe institut のコースと、試験のレベルは?

A1(初級)からC2(上級)まで6つのレベルでコースがあり、

試験もそのレベルに付随しています。

A1, A2, B1, B2, C1, C2 という段階があります。

 

独検とゲーテ・インスティテュート検定試験それぞれのメリット・デメリット

●独検

<メリット>

①日本で良く知られている検定。

日本において資格として通用し、有利に働く。

 

➁日本での参考書が充実

 

<デメリット>

①メリットにもあるように海外では全く通用しない

ドイツに留学したり、ビザを取得したり、就職の際に、ドイツ語能力を証明しなければならない時に、独検の成績は使えない。

 

➁読み、書きのためのテスト要素が強いので、勉強すると知識は身につくが、

現地でのドイツ語生活にはあまり有効的ではない。実践的ではない。

 

●ゲーテ・インスティテュート検定試験

<メリット>

①ドイツ政府の委託を受けているので、ゲーテ・インスティテュートの

試験はドイツではドイツ語資格の標準となるもの。

どこに行っても通用する。

ゲーテの資格は、

・大学への入学

・移住する(配偶者として滞在許可を取る際に必要)

・履歴書にドイツ語のレベルを記載して証明する

上記の際に有効です。

 

➁独検に比べて、現地で話す実用的なドイツ語が学べる

 

<デメリット>

 

①日本では認知度が低いため、日本での資格としての価値が独検に劣る。

 

➁受講料が独検に比べて、割高である。

 

例)独検3級=6,500円 同レベル程度 A2のゲーテの検定試験=12,000円

 

③日本語での解説などの参考書があまりないので、

全てドイツ語で理解することは勉強にもなりますが、

日本で習得するのであれば、それなりの忍耐力が必要

(あえてデメリットとしてもう一つあげるならば)

 

結局がんばるなら、どちらの検定?

 

上記のメリット、デメリットで見てきたように、

あなた(受験者)の

ドイツ語を習得する目的、ドイツ語を活かしたい場所による

のではないでしょうか。

それにしても、日本人として、ドイツ語を学んでいく事に変わりはないわけですから、

どこで使うにせよ、

ドイツ人と日本人どちらにも、自分のドイツ語能力をアピールできたら、

活躍の場が増えますよね。

 

ですから、ミミネコが個猫的に考えるベストは・・・・

 

ドイツ語を極めたいのならば、

時間をかけてでも、

 

どちらも挑戦する!(ドヤっ笑)

 

どちらを勉強しても、意識として身になるので。

 

特にドイツ留学などで、今は絶対にゲーテの資格が必要!!というならば

 

絶対にゲーテでとるしかないですが、

 

独検での資格を取って、日本でのアピール材料

 

にするのも良いのではないでしょうか!