ドイツ語はどこで習える?ゲーテ・インスティテュート①【ドイツ国内編】

こんにちは、ミミ猫です(=^・^=)

今回はドイツ国内のゲーテ・インスティテュート

について、大まかに情報を知りたい方に開講地やコース、実際の様子などをご紹介したいと思います。

全回の記事では、

ドイツ語はどこで習える?【ドイツ国内編】

という記事で、日本で受けられる

ドイツ語のレッスンの種類をご紹介しました。

今回は、

実際にドイツの語学留学してみて分かったことも交えてお伝えします。

 

信頼あり、皆が選ぶドイツの語学学校!

 

信頼があり、皆が選ぶ語学学校といえば、

ゲーテ・インスティトゥート(Goethe-institut)です。

ドイツ政府の管轄する、世界にドイツ文化を広めようという趣旨のもとに成り立っている

機関であり、日本の東京、京都をはじめ、世界中にが語学学校が設置されています。

ドイツ国内でドイツ語能力を証明できる、

ゲーテ・インスティトゥートの検定試験内容に沿った勉強と、

試験会場ともなることから、

(試験についてはコチラ参照→ドイツ語技能検定試験(独検)とゲーテ・インスティテュートのテストの違いは?)

ドイツ国内にあるゲーテ・インスティトゥートには世界各国から、

ドイツの大学に専門的な勉強をしようとドイツに留学してくる志の高い学生たちや、

仕事でドイツに就業するためにドイツ語の習得をしに来ているビジネスマンなど、

幅広い層の人種が集まってくることも魅力の一つ。

ではドイツ国内にはどこの町にこのゲーテ・インスティトゥートが有るのでしょうか?

ドイツ国内のゲーテ・インスティトゥート

ドイツ国内で語学学校に通うならどこに行こうかなぁ?

多くの人が、まず最初に最初の目的地で迷い、同時にワクワクすることだと思います。

ゲーテ・インスティテュートは、14のの街にコース開講となっています。

北から順に並べてみます。

参考に街の特徴も記載しておきます。

開講地によって開催している専門別のコースや、試験の種類も異なります。

入りたい大学や自分の専門がはっきりしている場合や、

大学によっても必要な語学の資格が違うので、

大学のホームページやゲーテ・インスティテュートのホームページでチェックしてみる必要が有ります。

以下ではあくまでも、開講地として街だけ並べてみます。

留学の第一歩のイメージとなれば嬉しいです。

・ベルリン(ドイツの首都、寮がないためここに滞在していた友人は、ここでは仲の良い友人ができにくかったとか。都会らしい感想)

ブレーメン(ドイツ北西に位置、そこまで大きくない街)

ハンブルク(北の大都市、水辺で美しい街、文化面でも充実している)

ボン(ベートーヴェンの生家が有る、こじんまりとした街)

ゲッティンゲン(ベルリンに行きやすい街、医者のためのドイツ語コースが開講されている)

ドレスデン(ドイツ東部の重厚な建物が並ぶ都市。)

デュッセルドルフ(シューマンの住んでいた街。日本企業が多く、日本レストランがたち並ぶ区域がある。日本人が多く、日本食料理も充実)

フランクフルト(空港がある街。街中は高層ビルが多く、古い街並みの観光スポットもあるが、そこ以外は歩いていて気持ち良い場所は少ない)

ハイデルベルク(観光に好まれる街。ドイツ最古の歴史あるハイデルベルク大学が有り、学生の街でもある。ハイデルベルク大学は日本学が専攻できる唯一の大学なので、日本人と友達になりたいというドイツ人と知り合いやすい)

マンハイム(フランクフルトから近い、こじんまりとした街。住みやすい街)

シュヴェービッシュ・ ハル(車の企業が多く軒を並べる都市シュトゥットガルトから電車で約50分ほどのドイツ国内ゲーテ・インスティテュートの中では一番田舎で、のんびりとした雰囲気で、小さい街。ミミネコ、実はここにいました。シュベービッシュハルについては、別記事参照→)

フライブルク(フランクフルトから電車で南下すること約2時間。フランスやスイスに近く、黒い森がすぐそばに広がる、とても居心地のよい街)

ミュンヘン(南ドイツ最大の都市。ベルリン同様、都会で、寮がなく、友達と合う回数が少ないとの情報)

さて、どこの街に行こう?

 

どこの街に行くかは人それぞれで、留学目的や、さまざまな理由があると思いますが、

ミミネコは下記の条件で行き先を決定しました。

考えていて、もっともワクワクすることでもありますね。

・ピアノが弾ける場所(4か所。ゲッティンゲン、マンハイム、シュベービッシュ・ハル、フライブルク)

・ゲーテ・インスティテュートの近くで宿泊できる寮がある

・ドイツ語を早く話せるようになりたいので、日本人が少ないところ

(→田舎のシュベービッシュハルでしょ!と思っていってみたら、日本人がたくさんいました^^;)

・授業料をできるだけお得に済ませられる

・大学受験をするのに便利な立地

・ドイツらしい生活を楽しめる

 

ということで、みなさんの

自分の目的、スタイルに合った語学学校を選ぶ参考になれば幸いです!

次の記事ではざっくりとゲーテ・インスティテュートの開講コースと授業内容についてまとめてみたいと思います!

最後までお読みいただき有難うございました^^

ドイツ語はどこで習える?ゲーテ・インスティテュート➁【ドイツ国内編】へ続く~