ドイツ語での文法説明まとめ③-3. 形容詞【中級向け】

こんにちはミミよりねこです(=^・^=)

今回は、ドイツ語だけで構成された語のテキストに書いてある、文法用語

について、まとめてみたいと思います。

ドイツ語の初歩的なルールが分かってきて、ドイツ語でも文法を理解したいという方におすすめの内容です。

基本的なことは理解できている前提での記事となっています。

なのでまだこちらの記事をお読みになっていない場合は

こちらを、読んでから次へ進んでくださいね。

 

●どうして、ドイツ語で、ドイツ語の文法も理解するとよいか?

形容詞 Adjektivについて、の理解するうえで大事なポイント

形容詞の使い方を理解するのに押さえておきたい3パターンの

ルールが有りましたね。

その3つとは、

①定冠詞+形容詞+名詞

➁不定冠詞+形容詞+名詞

③定冠詞ナシ+形容詞+名詞

でしたね。

その説明をドイツ語でされてもわかるように、

文法をドイツ語で、見ていきましょう。

さて今回は

タイプ③!

 

③定冠詞ナシ+形容詞+名詞

このタイプ③は、①と➁のスタイルの定冠詞と不定冠詞、

どちらもついていないものです。

 

der (=英語のtheに当たる定冠詞)と、

ein  (=英語のa,anに当たる不定冠詞)

が無いという場合ってどういうとき??

 

それは、形容詞だけが付くということで、次の事を表す場合であり、

知っておかなければいけません。

・数の後に、[2つ、2人の等] …例)zwei mutige Helfer 二人の勇敢な男性

.特定の複数形を表す冠詞の後に、 [Viele(たくさんの)Einige(いくらかの)等] …例)einige mutige Helfer 何人かの勇敢な助っ人たち

・特定の単数を表す冠詞の後に、 [mehr (もっとたくさんの) wenig(これより少ない数の)] … 例)mehr mutiger Mann もっとたくさんの勇敢な男性

・2格にだけ使われる Relativpronomen(関係代名詞)dessen,derenや Praeposition (前置詞)trotz (にも拘らず) と共に… 例)trotz mutigen Kindes

 

のように 決まった種類の 不定冠詞や、関係代名詞、前置詞とだけ、つかわれます。

 

ということでタイプ③をドイツ語で

Typ3 Nullartikel + Adjektiv + Substantiv

*Nullartikel 不定冠詞がない つまり無冠詞(英語のa,anにあたるもの)

おさらい

*Adjektiv 形容詞

* Substantiv 名詞

このタイプは、形容詞の語尾を変化させるだけです。冠詞がないので!

 

こちらもタイプ①、タイプ➁と同じように表で見てみましょう。

 

実は無冠詞での形容詞の変化、今まで見てきたタイプ①とタイプ➁の

形容詞の語尾の変化と同じところが多いです!

が!

少しずつ違う所もあるので文章を作る際は、一つずつチェックしていく必要があります。

 

☆無冠詞での形容詞の変化表、ドイツ語でまとめたもの

muskalin
feminin
neutrum
Plural
Nominativ1格
mutiger Mann
mutige Frau
mutiges Kind
 mutige Helfer
Genitiv 2格
(trotz ) mutigen Mannes
(trotz ) mutiger Frau
(trotz ) mutigem Kindes
(trotz ) mutiger Helfer
Dativ 3格
(mit)  mutigem Mann
(mit) mutiger Frau
(mit) mutigem Kind
(mit)  mutigen Helfern
Akkusativ 4格
mutigen Mann
mutige Frau
mutigs Kind
mutige Helfern

冠詞がない分、すっきりしていて覚えやすいので、コツコツと文章を作る際にチェックしてみたり、

これは無冠詞で形容詞がついているという所は、どうして語尾がこうなっているのか?

ということを分析してみましょう。

表はどう活かすの?

知識は活かさなければ、活きてきません。

ということで、

勇敢な男の人を使って文章をつくってみました!

今回は二人登場です(笑)無冠詞の場合に用いる数、Zwei を使いたかったからです。

そこで、表を見ます。そうすると、

Zwei mutige Maenner ふたりの勇敢な男性

と言い表せることがわかりますね。

更に、eine alte Dameを登場させて、文章を作ってみよう。

例えば、3格変化をさせる前置詞を使う動詞、helfenを使うと・・・・

Zwei mutige Maenner helfen einer alten Dame.

(ふたりの勇敢な男性がお年の女性を助けている。)

表では、

Dameは女性名詞なので、Feminin

3格変化のDativの掛け合わされたところを見てください、そうすると上記のように文章が作れることが分かります。

 

 

このように、文章を作ってみると、

えぇっとどんな風に変化をするんだったっけ?

と変化表を見るわけです。

そして、ドイツ語で、その変化表を見て頂けたら、ドイツ語脳に一歩近づきます!

というわけで、3つのシリーズについて形容詞をまとめてみましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

ドイツ語を文法でりかいするっていうのにミミネコは実はとても苦手意識が有ったのですが、こうして、しっかり勉強してみると、思っていたほどの苦手意識がなくなり、

逆にドイツ語の語句で見ながらやった方が、目もドイツ語になれると思います!

 

こちらの記事でも他の形容詞のタイプについて
おさらいして、理解を深めましょう。
その他の形容詞の変化のタイプ①、➁について

ドイツ語の文法用語まとめ③-1. 形容詞【中級向け】

ドイツ語の文法用語まとめ③-2. 形容詞【中級向け】

 

ドイツ語学習、文法につまずいた方の参考となれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!