ドイツ語で知っておくと便利な表現②(初心者向け)

こんにちはミミよりねこです(=^・^=)

今回は、

ドイツに旅しに行って現地の人とコミュニケーションを取りたいとき、

今からドイツ語にはじめて触れる人でも

「知っておくと便利な表現」

パート2!

を紹介していきたいと思います。

 

今回はカフェでコーヒー飲むときに使える3ステップ!これだけ!

って表現です!

 

生活するにしても、

最低限必要な表現にもなってきますので、渡独する人は何度も復唱して覚えるべし、

な表現です!

ホテルで、朝のバイキング、コーヒーを飲みたいです!

そんなとき、ホテルの係の人にかける言葉!

 

 

Entschuldigung!すみません!

 

●読み方は、エントシュルディグング!

 

赤色の部分がアクセント

すみませ~ん!!と声をかけなければ振り返ってもらえないので、

この言葉は日常的にも良く使います!

 

Schuldigung! (シュルディグング!)

と略していっているのもよく見かけますので、こちらでもOKです!!

 

「ごめんなさい。」の意味でも使います。

でも本当に申し訳ないときは

Es tut mir leid(エス トゥット ミア ライド)

を使いますね。

 

さぁ、店員さんにこちらが呼んでいるのを気が付いてもらえたら、

コーヒーを注文!なんて言いましょう?

珈琲ってドイツ語でもコーヒー?

いいえ、

答えは・・・

 

 

Einen Kaffee Bitte!  ひとつコーヒーを下さい!

 

アイネン カフェー ビッテ!

Einen=ひとつ  Kaffee=コーヒー (Cafe カフェと混同しやすいので注意)

Bitte=お願いします

 

●お茶がお欲しいときは・・・

 

Einen Tee bitte! (アイネン テー ビッテ)

 

Tee=お茶

 

となりますー!

 

珈琲だけで良いのですが、店員さん、こっちのスペシャルケーキも

おすすめしてきます、

いやいや、

これ以上は注文しないんだ、今は大丈夫です!って言いたいとき、

日本でも、あるよね。

そんな時は・・・・?

 

 

Das war’s. Danke! 以上です。ありがとう!

 

●ダス ヴァース.  ダンケ!

これ、早く知っておくと、早くお断りができるので、とっても便利です!!

Das=これ  war= sein(英語のbe動詞にあたる動詞)過去形 das=これ

これはこれでした=>>>これで、全てでした、

のようなニュアンスとなります。

Danke=ありがとう

最もよく使う語句にして、覚えようと思わなくとも、現地で絶対聞く言葉です。

丁寧に言いたいときは、

Danke schön! ダンケ シェーン!

まとめ

 

注文する側から、

最低限知っておくと良い言葉は

Entschuldigung! スミマセーン (目を合わせて!)

Einen Kaffe bitte! コーヒーひとつ下さい!

Das war’s Danke! 以上です!有難う!

 

以上3ステップでしたー!!

 

Danke!

という言葉は

を日本語の「ありがとう」よりも短く、言いやすいので、

知らない人同士の間でも、

素直に言っている人が多いと思います。

言葉の流暢さ、というものも人と人のコミュニケーションのしかたに

大きく関係しているんだなぁと思います。