ドイツの隠れ観光名所シュベービッシュ・ハルに行こう③

こんにちは、ミミ猫です(=^・^=)

今回の記事では、

ドイツ語学留学におすすめな語学学校ゲーテインスティテュートで

受講できるコースで紹介した、ドイツ語+50(熟年の方むけのドイツ語コース)

(こちらの記事参照:ゲーテ・インスティテュートのドイツ語コースは?【ドイツ国内編①】)

の開講されているドイツのかわいい街

シュベービッシュ・ハル
(Schwäbisch Hall)

についてご紹介したいと思います。

以外に、ドイツの観光スポットしては知られておらず、

良く皆がいくありきたりな旅から少し外れた旅がしたい!

という人におすすめな場所です!

前回記事では、場所や、大まかな街の様子を紹介しましたが、

ドイツの隠れ観光名所シュベービッシュ・ハルに行こう①

今回は、実際に住んでみての ”隠れ” おすすめのスポットを紹介していきます!

見どころ5.意外にスゴイ場所、Solebad  (塩泉プール)

シュベービッシュハルといえば塩の泉が有る事でも有名。

名所のひとつSolbad(塩泉浴場)へ行ってみましょう。

街歩きで疲れたら、サウナで極楽リラックスなんてのも良いですね!

こちらも、少し街中から外れた場所にありますので

町の中心から出ているバスに乗っていくとプールの目の前で止まってくれます。

運転手に

「Solebadゾッレバート?」と聞くと良いでしょう。

住所:Weilerwiese 7 74523 Schwäbisch Hal

●どんな施設か?

中世の街並みからは想像できない近代的で清潔感のあるプールです。

このプールは、水着着用のプールゾーンと男女混浴・裸(!)で利用するサウナゾーンのあるウエルネス施設。

一見、ドイツによくあるスパで、プールに見えるんですが、特徴は「塩泉浴場」であるということ。

塩泉を源とする温泉浴場が売りなんだそう。

健康に良いので、お爺さんおばあさんが多い印象でしたが、もちろん若者やカップルもいましたよ。

塩の泉の効果効能がすごい・・・

 

●塩分含有量は、3.5~4%。プールの淵に塩の塊がくっついています。

ホームページにある効果・効能を見てみると・・・

Heilanzeigen(効果、効能):

Atemwegserkrankungen(気管支系疾患)
Bandscheiben-und Wirbelsäulenschäden(椎間板、脊髄損傷)
Rheuma und Gicht (リウマチ、痛風)
vegetative Störungen(自律神経失調症)
lnfektanfälligkeit(感染系疾患)
verzögerte Rekonvaleszenz(長引く病み上がり)
Entwicklungsstörungen und Erkrankungen im Kindesalter(小児期の発達系疾患、小児疾患)

Bronchiti s(喉の疾患)

Hauterkrankungen,Allergien(肌のトラブル、アレルギー)

 

ホームページによると、源泉に含まれているシュベービッシュハルの塩の成分と60トンもの死海の塩と、ヒマラヤ山脈の塩も運んできて混ぜているようです。

ドイツ内陸部でこんな場所があるなんてすごくないですか!?

ドイツでのプールは裸?水着?

ドイツで驚くことの一つ、サウナが男女混浴、

そして、プールも裸で男女混浴のところもあるということ。

シュベービッシュハルの塩のプールはどうなんでしょうか?

 

●プールゾーンは、水着を着なければなりません!!

中央には、ぐるぐる回転式のプールがあり、

流れが速くなったり(これがいっちばん急な流れだと本当に抜け出せないのじゃないかと思うくらい、急なのであります)、少しずつ回転が弱まっていき、ゆったりと流れに身を任せて浮いているだけの状態を楽しんだりできます。

浮き輪も常備されているので、みんなぷかぷかと浮いています。

休憩用のいすもあり、窓辺の日の当たるところで、日向ぼっこしながらほんっを及んでいる人もいます。

●サウナゾーンも有り!水着は脱がなければなりません。

水着を着ていると係員の人がやってきて、「脱いでください」と言われます。

こじんまりとしたフロアーが2つあります。

隣接するホテルと直結しています。

サウナや休憩エリアからシュヴェービッシュ・ハルの古い街並みが眺められるのがなかなか良いですね。

よくドイツの中で見かける、マンモスサウナ施設とはまた違う、小さな町にある施設ならではの落ち着いた雰囲気です。

水分補給の水やお茶なども用意されているのも気が利きます。

そして、さすが塩の街のサウナ!

ミストサウナでは、用意されている塩でマッサージが出来るのだ。

小さなカップに入れられた塩が常に補充され、自由に使うことができる。

塩にはオイルが加えられており、塩で体をマッサージすると、しっとりスベスベ。

ミストサウナと低温プールを何度もいったりきたりできます。

●熱風を体に浴びるアウフグースも1時間毎に開催。

アウフグースの前にはフルーツが振舞われます。

ドイツのサウナでは、カットフルーツが配られることがあり、これも楽しみのひとつ。

小さいながら水風呂もあり。

リラックス・チェアーに荷物を置いての場所とりは禁止というのは、よくある注意。

休憩する場所が、ちと少ないのが唯一の難点。

●「塩の洞窟」なる部屋が存在しているらしいです!どこにあったのこんな場所。

ミミネコは、塩のプールだけでも十分に楽しめました。

 

というわけでいかがでしたでしょうか?シュベービッシュハル、知られていない割に、

とっても魅力的な街でしょ?

これはなかなか観光のガイドブックには載っていない、

地元住人に教えてもらった、耳寄りな情報なのです!

旅疲れを癒しに、是非立ち寄ってみてください♪

また耳寄りな情報が有ったら記事にしていきます!